航海コース

now browsing by category

 

5/5・6、瀬戸内航海コース・ACC(3日目:池田港~田尻港)

次の雨が来る前に帰れそうです。しかし、別の難題が・・・

残すは母港田尻までの65NMです。コースの特徴は、何と言っても鳴門海峡の通過でしょう。うず潮だけでなく、海面にできる段差も要注意です。(http://www.uzu-shio.com/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc) 5月5日は大潮ではありませんが、「大うずの日」と呼ばれているようです。よく、「ヨットが通ってもいいんですか?」とか「機走ですよね?」とか、聞かれます。ヨットも通れるし、もちろん帆走です。ただし、潮の向きと速さを調べて、適切な時刻に通過しなければなりません。そこから池田港の出発時刻も決まります。うん、さすがACCコースですね・・・ インストラクター(あ)は、いまさらのように気が付きました。「田尻港の入口には橋が架かっているので、潮が高いと入港できない!」 2130時までに帰港しなければ、翌日の午後まで入港できないのです。受講生は、「別の港に入ればいいんじゃないですか」「時刻までセイリングしていれば良いんですよね?」と、ここで慌てないのも、さすがACCコースです。結果、2030時に帰港できました。反省会の後、そのまま船中泊となりましたが、すぐにイビキの合唱が始まりました。(笑) さて翌朝、艇の片付け清掃を行い、ACCのまとめをして解散です。お疲れ様でした。「家に帰るまでが遠足」ですよ! (あ)

 

5/4、瀬戸内航海コース・ACC(2日目:粟島港~池田港)

日本の上空に寒気が流れ込み、各地で突風被害が出ているようですね・・・

2日目は小豆島の池田港(http://www.shodoshima.jp/)までの約35NMです。計画路は大小の島々に囲まれているので、風と潮の影響を複雑に受けます。コースが数100m違っただけで、艇が暴れてしまいます。しかも、航路を行き交う本船に注意をはらいながら、できるだけ有効なタッキングを繰り返さなければなりません。定時だけでなくタッキングの際にも船位測定をしますが、同じように見える島や山頂が多くて難しいです。それでも、特徴的な地形を海図で確かめると、なるほどの名称が付いていました。讃岐富士(飯野山)、大槌島、小槌島、五剣山、地蔵埼・・・ (あ)

5/3、瀬戸内航海コース・ACC(1日目:三原港~粟島港)

ACCに参加する4名の受講生が前夜に集合して、航海計画を立てました。
広島県の三原港(http://www.umi-eki.jp/uminoeki/mihara.html)から、香川県の粟島港(http://le-port.jp/)までの約30NMです。

昨夜の雨も上がり、所々に青空を見ながらの出港です。山と島に囲まれた三原から尾道にかけての水域には、時々突風が抜けていきます。スキッパー役が選んだセイルは、1P縮帆でした。「フルセイルでもいけるのでは?」と思った生徒もいたようですが、インストラクター(あ)は2P縮帆でも良いくらいと、その理由を説明します。「今の海況を乗り越えるだけでなく、明日も、明後日も、来週も・・・と、ずっと航海が続くとイメージしてみましょう。身体と艇に優しい乗り方を覚えれば、セイリングだけでなくクルージングが出来ますよ。(笑)」 10m/sほどの西南西風を受けて、計画よりも早く粟島海域に到着したので、落水者救助訓練をしました。事前通告のない「MOB!」の声に、少々慌てた様子ですが、数回のアプローチで無事に救助できました。その後は交代で救助訓練をしてから入港です。 (あ)

4/28瀬戸内長距離航海コース、田尻マリーナより出航

2018年4月28日、瀬戸内海を往復する長距離航海コースが開始されました。毎年ゴールデンウィークに開催される、9日間の過酷な航海実習のコースです。

朝から雲ひとつない真っ青な空!暑くも寒くもない良い気候で絶好のセーリング日和となりました。気持ちの良いゴールデンウィークの幕開けです。

受講者は午前10時、まず教室に集まり、インストラクターからコースの説明や注意点などを受けます。その後教習艇に移動して出航の準備です。
おだやかな風でしたが快晴の中、お昼の12時ころには青木校長に見送られての出航となりました。
さてどんな航海になるのでしょうか….. また追ってアップさせていただきます!

 

 

3/16-18 BCCコース 田尻マリーナで開催

2018年3月16日から18日の3日間、大阪の田尻マリーナでBCCコースが開催されました。

このBCCに参加していただいたのは2名様です。

 

田尻マリーナから出港の3月16日は、朝からあいにくの雨。風は後により強まるとの予測で、タフな状況のもとでの出だしとなりました。

1日目は大阪の田尻から和歌山の加太へ向けての航海です。お昼ごろに多奈川沖を通過して順調に進んでいましたが、午後早くにアクシデントが!ワイルドジャイブが発生し、メインシートブロックが破損するという事態になってしまいました…..  インストラクターが応急措置をとって対処し、無事加太港へ到着し1日目を終えました。

 

2日目の3月17日は午前9時15分ころに加太港を出て、8ノットで快走!洲本沖ではセーリング練習もしながらの順調な航海で、由良港に到着です。

3日目は由良港から田尻にむけて出港。1日目は悪天候でしたが、帰りはお天気も良く順調に進み、夕方に戻ってきました。

天候により何が起こるかわからない航海ですが、無事帰港されて良かったです。本当にお疲れ様でした。

 

 

2/24,25 CONコース 大阪田尻マリーナで開催

2018年2月24日と25日、大阪の田尻マリーナで、COMコースが開催されました。

CON(コースタル・ナビゲーション)コースは、GPSだけに頼らず、自分で安全かどうかを判断する知識と技術が習得できる2日間のコースで、内海や沿岸ぞいのセーリング時のナビゲーション技術をマスターすることが目標です。今回は3名様が受講して下さいました。

2日間教室でみっちり学習され、3名様とも無事合格されました、おめでとうございます!

 

 

12/1-3, BCCコース 田尻マリーナで開催

2017年12月1日から2泊3日のBCCコースが開催されました。

田尻マリーナを出発し、和歌山の加太港と淡路島の由良港に寄って戻ってくるコースです。

寒い中、2名の方が受講してくださいました。

 

海上で、8の字救助法やベアリングフィックス、チャートブロッティング、アンカリングの実習をして行きます。

3日目は風がなくほぼ機走になりましたが、早めに田尻マリーナに帰港し、無事3日間のコースを修了しました。

ご受講ありがとうございました。

 

 

 

 

OPMコース、最終レグ、土佐清水から田尻へ

2017年の屋久島長距離航海コースは、いよいよ最終レグとなりました。田尻までの170マイルです。一昨日屋久島を出航して190マイルを33時間で走りきり、土佐清水でしばしの休息を取っていましたが、西の風15mを一刻も早く掴むために、予定より3時間半早い2030に出航しました。航海計画では、足摺岬沖から次の転針点の室戸岬を20時間後の翌日1700に通過となることを確認して走り始めました。足摺岬回航後は予想通り追っ手15mの風を受けて3pメインで快走です。夜明けの薄明で前方に何やら陸の影が。室戸岬です!何と10時間ゲットです。

室戸岬回航後、紀伊水道で風が落ちて北東4mほどになり、フルメイン、レギュラーで機帆走。日が落ちて伊島を越えたところで、イルカが伴走してくれました。友ヶ島水道を通過して、11月26日0200にETAより13時間早く田尻に入港しました。

2017年の屋久島長距離航海コースは無事全てのレグを走り切ることができました。BCC、BBC、ACC、OPMに参加された受講生の皆さま、お疲れ様でした。

出航前の航海計画検討

出航前の航海コース設定

夜のセーリング

夜のセーリング、その2

朝0600 室戸岬確認。

フルメイン、レギュラーの帆走

室戸岬から紀伊水道へ

11/26 0200 無事、田尻に入港


屋久島航海コース ACC (細島港~一湊港)

ACCコース第2レグは、宮崎県細島から鹿児島県屋久島の140マイルです。これまでの平均艇速から、28時間の航海を予想しています。

 

穏やかな朝0740時、細島港を出発しました。ここから、宮崎県最南端の都井岬までは、穏やかなセイリングです。海岸線の風景はやや単調ですが、シーガイアホテルや宮崎空港がよい目印です。

風向が変わりました。雨が降ってきました。風が強くなってきました! そして、夜になりました・・・

荒天のコクピットは、2人で守ります。もう1人はキャビンで休憩します。インストラクターを含む3人で、2時間ごとのローテーションを組んで夜を乗り切るのです。大隅海峡に差し掛かると、ますます強くなった風雨に加えて、波浪が大きくなり、黒潮の支流の影響も出てきました。船首方向を保持しただけでは、東に流されてしまうのです。灯台だけが頼りです。絶対に見逃しません!

やがて朝になり、海はその全貌を現しました。風速30kt、波高3.5m、Beaufort表の”Near gale”あたりと思われる海象です。幸いなことに、風波が来るのは艇の斜め後方からだったので、前帆(ストームジブ)1枚でセイリングを続けました。しかし、あるはずの屋久島が見えないのです・・・

(動画 https://www.facebook.com/100004470522039/videos/916023038556705/)

潮流を意識して西に行き過ぎたか? と思っていたら、いきなり島が現れました。距離は5マイルを切っていました。山の形や灯台(光っていないと判別できない?)を確認して、一湊港を目指しました。砕ける白波の隙間に港を見付け、入港準備を整えます。いつの間にか雨も止み、晴れ間もあります。サーフィン状態で入江を進み、無事に入港しました!

疲れているだろう受講生を奮い立たせ、槍着けで係留しました。その様子を見ていた漁師さんから、「フェリーが欠航しているのに、よう来たの!」と言われた時の受講生の顔が忘れられません。(笑) (あ)

 

 

屋久島航海コース ACC (大分港~細島港)

ACCコースは、大分~細島(80マイル)、細島~屋久島(140マイル)の2区間を、2名の受講生が挑戦しました。

大分空港のすぐ横にある”マリンピアむさし”への集合時刻は2000時ですが、明るいうちに艇の様子を見ておきたいと、早々にメンバーが揃いました。実は、関アジ・関サバで知られる速吸瀬戸の潮流を上手に乗り切るのには、予定よりも早くに出港する必要があったのです。嬉しいことに、受講生は航海計画を練りながら気付いたのでした。

その潮流に加えて、冬型の気圧配置による強い北西風が不規則な波を繰り出してきます。大きく揺れる教習艇で、灯台の方位を測定して海図作業するのは、なかなか大変なことです。しかし、安全な航海をするためには、とても大切なことなのです。頑張ったご褒美に、海は様々な贈り物をくれます。今回は、イルカの群れと一緒に走ることができました。綺麗な朝焼けも、疲れを吹き飛ばしてくれます。

さて、日向市の細島港では、漁協の担当者からとても親切な対応を受けました。漁港内の一角に係留させてくたのですが、風も曳波も受けない場所です。Mさん曰く、「ヨットも多く来るんですけど、ネット情報とかで勝手に留めていくので困っています。AOKIさんみたいに事前連絡をくれれば、ちゃんと案内できるんですけどね~」

こちらも気分よく宿に向かうことができました。もちろん、学科教習のために・・・ (あ)