AOKIセーリングクラブ

これはプライベートグループです。参加するにはサイトに登録してグループ参加申請を送る必要があります。

コメントする to AOKIセーリングクラブ

  1. はじめの一歩(SBD)で頑張ったんだから、あとは楽しいことだらけさ。 (あ)

  2. 正しいseamanshipを身に付ければ、あらゆる船に対応できる!
    インストラクター(あ)は、そう思うのです。 (あ)

  3. セイルシェイプ・・・ シップシェイプ・・・ 「シェイプ」の付く所作は大切だ。
    やば、シェイプアップしなくては・・・(汗) (あ)

  4. SRV20、カッコイイですよね!
    格好いいボートを、格好よく乗るのって、格好いい!(笑) (あ)

  5. その辺が、葛飾北齋の「神奈川沖浪裏」の舞台です。
    埋め立てが進んだ今でも、三角波が立ちやすいので注意してくださいね~ (あ)

  6. インストラクター(あ)は、暑いの苦手です・・・
    でも、沖で吹く風は心地よいですよね! (あ)

  7. CONDOR号には操作をサポートしてくれる装備がありません。教習艇だから・・・(笑)
    こいつを乗りこなせれば、相当な自信になるでしょう。 (あ)

  8. お二人とも、勘が良かったですよ!
    お世辞ではありませんよ~(笑) (あ)

  9. 同じ海を、同じヨットで帆走っても、まったく違った体験ができるのですね。
    やっぱりヨットは面白いっ! (あ)

  10. 海外のセイリングスクールみたいですね~(笑) (あ)

  11. CONコースは難しいところがあり消化しきれませんでしたが、安齋先生のお蔭で地分航法に興味が深まりました。MWXも安齋先生に指導していただきました。
    ヨットクルージングは様々な勉強が必要ですね。
    先輩たちはこのようなことを身に着けてクルージングしているんですね。
    未熟者ですが教わったことを復習していくらかでも身につけて、いつか大海原に乗り出したいです。
    BBCが待ち遠しいです。

  12. 丁寧なコメントありがとうございます。
    自分もお二方と一緒に、印象的なセーリングができて光栄でした。
    お風呂の中でふわふわと体揺れるのは、しっかりとヨットを楽しまれた証ですね。
    次のステップに向けて頑張りましょう。

    8月にお会いできるのをとても楽しみにしています。

  13. 別所先生、2日間、本当にお世話になりました。
    丁寧に教えていただいたのに、どうも頭が飽和状態で・・・
    あの後、もう一度、本を読んで、ああこういうことやったんかあと思うことがありました。
    あれ以来、新聞やTVの天気図や、気象予報士の説明の言葉が気になるようになったことが、少し進歩でしょうか
    お世話になりました。ありがとうございました。

    • コメント、ありがとうございます。 細かくてちょっとマニアックで、実際のセーリングに役立つのだろうか?といつも悩みながらの講習です。 天気を味方にできれば、自分のストライクゾーンを広げることができると信じています。 これからも天気と楽しく付き合いながら、素晴らしいセーリングライフを過ごされるよう祈ってます。 別所

  14. 昨日は生まれて初めての経験を、抜群のコンディションの下で体験させていただき有難うございました。
    体験中、A先生、I様のとても温かいお人柄のなかで残りの人生をヨットとともに続けられそうです。
    やっぱり数あるスクールの中でもAOKIヨットにして良かったと思いました。
    次回SBDコースにおいてもI様の御勉強熱心さや予習の素晴らしさに負けじと、自分も頑張りたいと思います。
    夜、湯船につかるとまだ身体が揺れていました。
    たった2時間の体験セーリングなのに、ヨットって素晴らしい!

  15. 漆谷先生、SDKコースに続いて、今回もありがとうございました。
    ミツタケさん、遠路、お疲れ様でした。ご一緒できて、とても楽しかったです。
    BKBを修了すると、ASAメンバーズカードが送られてくるそうなので、とりあえずBKBが目標だったのですが、BBCまでライセンスをとると、地中海などのヨーロッパ各国で通用する国際技能証明書(IPC)の発行を申請できるようなので、なんとかBBCまで頑張りたいと思うようになりました。
    今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
    また、今回も、事務局の皆さんのホスピタリティがすばらしかったです。いつもありがとうございます!

      • ブログ見ていただいてありがとうございました。
        初心者のドタバタですが、さてこれからどんなヨット人生が広がっていくのか、とても楽しみです。
        今日は、父の日。家族を連れて大津港に行ったのですが、出航準備が終わり、さあ出発という時に、バースの陸電設備の蓋が閉まりにくく、苦心しているうちに、金具で指を挟んでしまい、結局出航できず、となりました。
        いつも、青木さんがケガへの注意を促されていることを、思い出しました。セーリンググローブは作業はしやすいですが、指の保護という点では軍手の方がいいですね。
        これも勉強。どんな作業も、リスクを考えて、慌てずに行えるようにならないと、ですね。
        今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

        • ブログ見ました〜当時の様子をいろいろ思い出しました。スクールの2日間は、風が弱い時間帯が多く、予習して想定していた状況と違う部分もあり、いろいろ勉強になりました。私の当面の課題は…スクールで教わったスキルをいかに落とさないかです。クルーが足りない場合は、よろしけれざぜひ声をかけてください!

          • 久しぶりにのぞいたら、コメントいただいていたのですね。ありがとうございます!
            この返信はいつかご覧になるでしょうか。
            最後、バタバタとお別れしたので、連絡先もお伺いしませんでした。もし琵琶湖でよければ、いつでも乗りにきてください。
            うちはリベッチオ26です。大津港に係留しています。
            そちらからでも割と交通の便は良さそうですね。
            今度の田尻マリーナ・ヨットレース、先程クルー参加で申し込みました。さて、どうなることやら。(笑)
            私のメルアドは青木ヨットさんに聞いてもらったらいいのかな?
            ではまた、お目にかかれるのを楽しみにしています!

        • ブログを拝見いたしました。とても面白かったです。楽しんでいただけたことに、感謝しております。また一緒にヨットに乗りましょう。

  16. 無事にお帰りになって、何よりです。二日間お疲れ様でした。
    セーリングは、ある程度の回数が必要ですが、その中の出来事を思い出しながらあれこれ考える事も重要です。今回のセーリングもその中の一つだと良いですね。
    じっくり納得してヨットを買ってください。
    ステップアップも待ってます。
    ありがとうございました。

  17. 2日間、お世話になりました。無事、名古屋に帰りました。今回も風が弱く、初心者の私にとっては…難しいセーリングでしたが、勉強になりました。正直まだ、自分の理解と実際とが一致していない所があって、もっと経験を重ねたいなと思っています。とはいえ…自分の船を持つのは?しばらく先になりそうなので、次のステップのコースやプラクティスなどを利用して、スキルアップしたいと思っています。これからも、よろしくお願いします。

    • 今度は風ある時にスイスイとセイリングしましょう。ちょっと緊張感が出るくらいが楽しいですよ。また、ヨットに乗りに来てください。

  18. Heday先生、ありがとうございます!これからもまたスキルアップ頑張りますのでよろしくお願いします!

  19. ニックさん、今回も強風だったのですね。お疲れさまでした。どんどんスキルアップしますね! 楽しみですね。

  20. ニックさん、先日は強風下でのセーリング練習、本当にお疲れさまでした。様々なコンディションでのセーリング経験を通じて、引き続きスキルアップしていきましょう!

  21. Yamamoto先生、先週のプラクティスコースありがとうございました!風が強くて、メインセールのリーフとストームジブの練習ができて勉強になりました。1月のHeday先生とのプラクティスコースと状況が似てて(マイナス雨)、また強い風とうねりを体験できて面白い一日でした。今後の挑戦を楽しみにしてます!

  22. 漆谷先生、またまたおしゃべりな2人にお付き合いいただきありがとうございました。
    関空を周ると、明石海峡大橋が、見えてましたね。あれを見ると、あの向こうに瀬戸内が広がっている!とワクワクします。海乗りの大好きなところです。
    今週末は、琵琶湖でセーリングしましたが、先週よりハードな風で、ヘトヘトになりました

    長田さんとヨット談議を楽しみながらののんびりセーリング、とてもよかったです。
    ありがとうございました。

    • 投稿していただき、ありがとうございます。
      いろいろなシチュエーションでのセイリング、楽しいですよね。
      たまには、おしゃべりしながらの漂うような航海もするのがいいですよ。
      いつもいつも耐えるようなセイリングだと、何が楽しいやら分からなくなります。
      また、楽しみに来てください、またセイリングしましょう。

  23. 人工島とはいえ、島巡りは楽しいですよね。