Archives

now browsing by author

 

四国一周長距離航海コース ACC (11/23~25 高知土佐清水〜大阪田尻)

いよいよ最後のレグ、大阪田尻までの170マイルです。メインセールを応急修理したとはいえ、強風だと持ち堪えるかどうか不安でしたので、メインの代わりにレギュラージブをマストのスライダーにハンクスで取り付け、出港準備完了です。高知土佐清水港を予定よりも4時間半早い23日2025に出港しました。足摺岬回航後風が落ち機帆走にて室戸岬を目指します。四国の陸影は時間とともに遠くかすれ、もはや昼間は位置を知る手立てが無くなります。天気は晴天で波もなく絶好の天測日和! ACCではCENの資格は求められていませんが、位置の線航法(LOP)のデモンストレーションで、六分儀の望遠鏡で太陽と水平線がどのように見えるのかを体験していただきました。インストラクターの天測結果は4~6マイルの精度で位置が得られたようです。まあまあですね。その後、紀伊水道からは風も落ちて機帆走で一路大阪田尻を目指します。大阪湾の入り口加太瀬戸を25日早朝0400に通過し、田尻には0615に着岸しました。受講生の皆さま、メインセール大破のトラブルにも冷静な対応で無事完走されました。お疲れ様でした。

四国一周長距離航海コース ACC (11/22~23 大分マリンピアむさし〜高知土佐清水)

秋の長距離航海コース、四国一周の最終レグ、大分マリンピアむさしから大阪田尻まで、3昼夜260マイルのACCです。第一レグは高知土佐清水港までの90マイル。気象予報では11月22日未明まで雨、その後は晴天北の風7~8m/sが23日まで続く絶好のセーリングコンディション。ACC再受講の4名の受講生は2ワッチに分かれて予定より1時間半ほど早く1140に出港しました。大分空港北端の誘導ブイを回航して南に変針する頃には風は10m/sほどに上がっていましたが、フルメインでポートタックのランニングで帆走を開始しました。7kt超で快走、すぐに四国佐田岬が目前に迫ってきましたので、すかさずジャイブ!………………。  ACC開始後2時間でメインセール大破の大トラブルです。ブームの引き込みが十分でない段階でワイルドジャイブ気味になり、メインシートを固定しているブロックのピンが飛び、メインセールの3ポイントリーフあたりがスブレッダーに強く当たり大きく破けてしまいました。最悪!!です。さて、どうするか?流石にACCまでスキルを積上げてきた受講生は、ジブだけで土佐清水港を目指せると判断して、レギュラージブをスピンポールでスターボ側に張り出し帆走を続けました。風は夜になり更に上がり北13〜15m/s、豊後水道に5~6m程の南向きの大波を作り出し、34ftのEAGLE IIは時折サーフィングしながら7ktを超える猛スピードで豪快に帆走します。ヨットの醍醐味ですね。明るかったら恐怖を感じるほどの大波でした。土佐清水港には予定より3時間早い11月23日0300に槍付で着岸しました。

 

9/1-2 BKB 横須賀で開催

両日雨の予報のBKB、横須賀で開催しました。ところが雨には降られず、4~8m/sの練習にはとても良い風に恵まれました。2名の受講生には、切れ味の良いタッキングのポイント、セールトリムの基本的なルール、8の字救助法の艇のポジショニングなど、今後のステップアップの参考にしていただければ嬉しいですね。(みち)

8/4 CEN 5期 6日目 (最終日)大阪で開催 

CEN5期6日目卒業テストです。これまでの5回5か月間の天文航法の習得度を確認するための終了試験です。余裕を持って取り組んでいただくべく、朝から午後16時まで実に6時間、自由に休憩と昼食を取っていただきながら自分のペースで問題を解いていただきました。結果、5期の3名の受講生は優秀なスコアで合格されました。本当にお疲れさまでした。コース中に六分儀を入手された方もおられ、今後機会を見つけて自艇で天測の技術を磨いていただければ嬉しいですね。次回、OPMでお会いすることを楽しみにしています。(みち)

7/7 CEN5期 5日目 大阪で開催

CEN5期5日目最終講義を行いました。恒星のLOP航法とスターファインダーの使用方法です。今回で天文航法の全ての内容を学んでいただきました。3名の受講生の皆様、本当にお疲れ様でした。次回はいよいよ終了試験です。もうひと頑張りしてください。(みち)

6/9 CEN5期 第4日目 大阪校で開催

月と惑星を天測して自艇の位置を知る位置の線(LOP)航法を講習しました。天測暦、天測計算表を駆使して、まず天体と地球の位置関係を求め、次に自艇から天体がどの方位にどの高さに見えるかを計算して自艇の位置を求める方法です 。LOP航法をよりビジュアルに理解できるよう、新たに図解を取り入れて解説を試みました。次回は講義の最終回で、恒星のLOP航法とスターファインダーの使い方を学んでいただきます。

5/12 CEN5期 第3日目 大阪校で開催

北極星、太陽の高度を天測して位置の線から自艇の位置を計算するLOP航法を講習しました。天測暦、天測計算表、UPS(図解用紙)をフルに活用して自艇の位置を求める天測計算法です。天測時間帯など、より適用範囲が広い天測方法ですが、計算手順は煩雑です。LOP航法は前回の正午頃に太陽に正中時の高度と時刻を正確に求める必要のあるLAN航法に比べて、対象とする天体および天測時刻などに、より自由度があります。今回はまずLOP航法の計算手順をしっかりと習得していただきました。

 

4/7 CEN5期 第2日目 田尻校で開催

今回は太陽を正午に天測して、正中時の太陽の高度と時刻を正確に測ることで、自艇の緯度と経度を求めるLAN航法を講習しました。天測暦1冊だけで自艇の位置を知ることができるLAN航法は強力な天測計算方法です。今期の3名の受講生の方々には、ASA式のLANフォームに数値を入れていくだけで、自艇の位置が計算できることを学んでいいただきました。(み)

2018/3/17 CEN5期 第1回 大阪田尻で開催

天文航法CEN ASA107 5期が大阪田尻本校にて始まりました。1期は東京、大阪併催、2期は大阪、3期、4期は東京での開催でしたが、今回は久々に大阪での開催で3名の受講生が第1日目の講義に出席されました。午前中は天文航法の概要、天体運航の基礎、時角ファインダー制作、午後は六分儀の調整方法、六分儀を用いた太陽高度の測定実習を行いました。よく晴れた午後の太陽を六分儀でどのように水平線に合わせ、高度がどの位であるのかを実地で天測できました。これから8月まで全6回の長丁場ですが、月1回の講義と自習で天測航法を習得していただきます。CEN資格取得後は、秋のASA最上位資格であるOPM屋久島コースに是非挑戦していただきたいと思います。

OPMコース、最終レグ、土佐清水から田尻へ

2017年の屋久島長距離航海コースは、いよいよ最終レグとなりました。田尻までの170マイルです。一昨日屋久島を出航して190マイルを33時間で走りきり、土佐清水でしばしの休息を取っていましたが、西の風15mを一刻も早く掴むために、予定より3時間半早い2030に出航しました。航海計画では、足摺岬沖から次の転針点の室戸岬を20時間後の翌日1700に通過となることを確認して走り始めました。足摺岬回航後は予想通り追っ手15mの風を受けて3pメインで快走です。夜明けの薄明で前方に何やら陸の影が。室戸岬です!何と10時間ゲットです。

室戸岬回航後、紀伊水道で風が落ちて北東4mほどになり、フルメイン、レギュラーで機帆走。日が落ちて伊島を越えたところで、イルカが伴走してくれました。友ヶ島水道を通過して、11月26日0200にETAより13時間早く田尻に入港しました。

2017年の屋久島長距離航海コースは無事全てのレグを走り切ることができました。BCC、BBC、ACC、OPMに参加された受講生の皆さま、お疲れ様でした。

出航前の航海計画検討

出航前の航海コース設定

夜のセーリング

夜のセーリング、その2

朝0600 室戸岬確認。

フルメイン、レギュラーの帆走

室戸岬から紀伊水道へ

11/26 0200 無事、田尻に入港