青木ヨットスクール・同窓生交流ブログ

海外便り スービック編  Voice from Subic, Philippines

関西空港1255発LCC Jetstar3K778便で3時間半、フィリピンはクラーク空港に降り立ち、車がほとんど走っていないクラーク〜スービック高速道路を右手にピナツボ火山を見ながら1時間強ひたすら南西に向かって走ると、スービックの港町に1700過ぎに到着します。ここにはスービックベイヨットクラブがあります。日本の名門ヨットクラブやマリーナでも見かけないような超弩級の豪華ヨットが係留されています。海外でヨットチャーター、どうでしょう? (みち)

After three and a half hours departed at 1255 from Kansai International Airport, LCC Jetstar 3K778 is landing at Clark International Airport in Philippines. Another one hour driving on quiet SCTEX (Subic-Clark-Tarlac EXpressway) seeing a volcano of Mt. Pinatubo on the right side takes to a port town in Subic at a bit past 1700 local time. There is Subic Bay Yacht Club in which  many extremely luxurious yachts can be found. Why not to try bareboat chartering here? (michi)

2 コメント to 海外便り スービック編  Voice from Subic, Philippines

  1. 安斎 より:

    BBC(BareBoatCruising)を取得した、みなさ~ん!
    是非、本場のクルージングを体験しようではありませんか。

    みちサン、「スービック編」ということは、これからもっともっと・・・
    楽しみにしていますよ~(笑) (あ)

    • みち より:

      安斎さん
      はい、来週はセブに飛びます。
      セブヨットクラブですっと海上係留している42ftのメンテに行きます。
      実は相当痛んでいます。現地のパートナーがケアしてくれているのですが、
      かなり手を入れないとダメな状況です。
      青木のメンテコースの教材になりそうな感じです。(笑)
      セブ編がアップできるかどうかは、42ftの状況次第です。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です