クルージング

now browsing by category

 

関東フロテーラ2018、ヨットで保田へ集まろう!

お待ちかね!5月19日(土)、20日(日)は青木ヨット・関東フロテーラ(合同クルージング)を開催致します!!
ヨットスクール卒業生の皆さん、同窓会気分でクルージングを楽しみましょう!

5月の快適な海と風、新たな仲間との出会い、クルージング後には、お風呂とおいしい魚・・・最高のコンディションです!皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

  • 目的地は千葉県の保田漁港です。青木フロテーラ艇はまとめて係留します。
  • 自艇での参加、クルーとして同乗参加、もしくは陸路からの参加が可能です。ご家族やご友人の同伴も歓迎します。
  • 自艇参加のオーナーの方で、クルーやゲストの同乗受入れが可能な方は、お申し込みフォームから可能人数を、お知らせください。

参加お申込締切り日
2018年4月27日までにこちらのフォームからお申込みください。
※係留場所や会場の都合上、お申込者が多い場合は、お申込みを締め切りる場合がございます(先着順受付け)。 お早めにお申込みください!

続きを読む

3/16-18 BCCコース 田尻マリーナで開催

2018年3月16日から18日の3日間、大阪の田尻マリーナでBCCコースが開催されました。

このBCCに参加していただいたのは2名様です。

 

田尻マリーナから出港の3月16日は、朝からあいにくの雨。風は後により強まるとの予測で、タフな状況のもとでの出だしとなりました。

1日目は大阪の田尻から和歌山の加太へ向けての航海です。お昼ごろに多奈川沖を通過して順調に進んでいましたが、午後早くにアクシデントが!ワイルドジャイブが発生し、メインシートブロックが破損するという事態になってしまいました…..  インストラクターが応急措置をとって対処し、無事加太港へ到着し1日目を終えました。

 

2日目の3月17日は午前9時15分ころに加太港を出て、8ノットで快走!洲本沖ではセーリング練習もしながらの順調な航海で、由良港に到着です。

3日目は由良港から田尻にむけて出港。1日目は悪天候でしたが、帰りはお天気も良く順調に進み、夕方に戻ってきました。

天候により何が起こるかわからない航海ですが、無事帰港されて良かったです。本当にお疲れ様でした。

 

 

青木校長の連載記事が「舵」誌8月号から開始

このたび、7月5日発売の月刊「舵」誌上で、校長青木洋の連載が始まることになりました。

「長距離航海の技術」というテーマで、長期にわたって掲載される予定です。校長が持っている技術を公開することで、ヨットライフの充実に、少しでもお役に立てばと考えています。

第一回は、「外洋艇の性格と見分け方-リグについて」から始まります。皆さん、ぜひ月刊「舵」誌を買って下さい。

 

田尻マリーナ係留艇、トーラスが舵誌に掲載されました

田尻マリーナへ係留されている近藤秀雄さんの投稿記事が、舵誌7月号に掲載されていることがわかりました。

秀逸なイラストも載っています。皆さん、見てください。

 

6/3,4 関西フロテーラ、無事終了

2017年6月3日と4日、関西フロテーラが開催されました。

年に1回の関西でのフロテーラ、出発の朝は良い天候に恵まれました!

今年の参加艇は15艇、参加人数はインストラクラーも含め、38名です。

田尻マリーナから友ヶ島水道を抜けるまでは風が弱く、機帆走のヨットも多かったのですが、水道を抜けたらよい風が吹いてきて、湯浅港へは結構早く着きました。

湯浅港では、湯浅町副町長の中さんと、湯浅海の駅長の藪野さんのお2人が、わざわざ出迎えて下さいました。

全艇アンカリングし、係留しおえたのは午後4時ごろで、それから全員で醤油工場「角長」へ。

皆で醤油工場の見学を楽しんだ後は、汗を流しに温泉です!ゆっくりお湯に浸かってさっぱりしよう~と楽しみに送迎バスで湯浅城温泉まで向かいました!

ところが!?!  こともあろうに学生集団が先客で温泉をほぼ占領しており、、、、>< 、、、、ろくに温泉にも入れずで、予想外のことにガッカリ~。とりあえず6時から始まる大宴会に遅れないように向かいます。

夜6時からの宴会(交流会)は、マイクリレーで自己紹介から。景品も用意され、ロープワーククイズにも挑戦です。

その後は、堀江さんの「プリンセスタイガー」」による沖縄往復航海のスライドショーを皆で鑑賞し、楽しみました。

飲んで、食べて、飲んで、食べて、、大宴会が終わり、宿や自艇に帰ります。

 

翌日の4日は、各艇で出港。向かい風が強かったのですが、全艇無事に田尻マリーナに帰港しました。

 

行きに、AERASⅡ号の竹田様が大型の魚をゲット!エソを釣り上げましたが、結局海にリリース~

また、釣りが大好きな堀田様とクルーのスタッフが乗船していた今剛号は、大型のさばを一匹釣り上げたそうです。クルージングで、魚も釣れてよかったですね!

ということで、今年の関西フロテーラも無事修了しました。

参加頂きました皆様、ありがとうございました。来年もまた楽しいクルージングになるように計画したいものです。皆様、ぜひぜひご家族やお友達と一緒に、参加いただけたらと思います。

 

5/13,14 関東フロテーラ

2017年5月13日と14日の土日、恒例の合同クルージング、関東フロテーラが今年も開催されました。

参加艇は5艇、参加者は13名となりました。

朝の11時に横須賀マリーナヴェラシスを出港し、保田漁港へ向かいます。

皆さん順調に航海し、夕方には保田漁港に入港されました。

各艇でビジター手続きを行い、海上での一日を終えほっと一息です。

 

そして18:30から懇親会が始まります。川端インストラクターの挨拶で乾杯!

食べて、飲んで、、、途中にはミニフェンダーを使ってのロープワーク選手権もあり、、、

楽しく過ごしていただきました。

 

翌日は保田漁港を出港し、皆さん無事横須賀マリーナヴェラシスへ戻られました。

参加して頂きました皆様、今年もありがとうございました!

 

 

関西フロテーラ、航海計画と出入港の要領

  • 田尻マリーナ出港前の艇長会議は、0700時に変更します。先に出港される艇は、以下の資料をご参照ください。
  • 以下の田尻マリーナ出港時刻は、おすすめ時刻です。自艇のクルージングスピードに応じて、スキッパーが決定してください。航海計画の各レグの航程マイルを(M)と航海速力から、ETA(到着予想時刻)を割り出してください。合計航程(M)を航海速力(ノット)で割り、湯浅港への入港予定時刻ETAを算出します。インナーセーリング1の130ページ前後が参考になります。
  • 25フィートまでの艇:航海速力4ノット:0700時
  • 30フィートまでの艇:航海速力5ノット:0800時

以下は参考資料です。クリックして印刷してください。

 

 

ACCコース、折り返し点の三原を出港

瀬戸内長距離コースは、折り返し点の三原港を出港しました。出港準備は、すでに昨夜から始まっていました。インストラクターの監督の下、受講生はチームに分かれて、課題であった航海計画をまとめ上げました。計画通りにいかないのが、ヨットの航海です。しかし計画を作ってはじめて、ETA(予定到着時刻)やコース上の危険物の把握、そして避難港の選定も可能となります。事前の計画があるからこそ、途中で予想外の事態となっても、パニックを防ぐことが出来ます。

第一レグの粟島を目指して、しまなみ海道をくぐります。

10/8.9.10 BCCコース 大阪で開催

2016年10月8~10日、BCCコースが大阪で開催されました。

参加者は、3名様とアパレンティス、そしてスタッフ1名の5名でした。今回のインストラクターは青木校長です!

10月8日、出発日の天候は晴れ。しかし風が強く、海上強風警報下の出航でした。その後ますます風が強まり、メインを2ポイントリーフにしました。さらに風が強まり、30ノットオーバーになったので、ジブもレギュラーからストームジブに交換。

行き違ったヨットはセールをおろして機走していましたが、こちらは6ノットで快走です!

そして、、やっと由良港に到着しました。夜は海図上で翌日の航海計画を立案していきます。

 

2日目、この日も強風でしたが、ブロードリーチなので8ノットで快走を続けました。

そして、エンジントラブルのためセーリングのみで加太港へ入港しました。

 

3日目の朝、エンジンが回復しなかったためセーリングで出航です。

エンジンなしで順調にセーリングし、無事田尻マリーナへ戻ってきました。

後半はエンジンなしでのセーリングなど、いろいろな経験をしましたが、学ぶことも多いクラスだったと思います。

皆様、本当にお疲れ様でした。

 

 

すなめり、ヨットから見かけませんか

大阪湾で、すなめりクジラの生息調査を、海遊館が行っています。

生死にかかわらず、目撃情報を求めているとのことです。

見かけたら、その場で、06-6576-5545へ

sunameri