Archives

now browsing by author

 

石垣島へシングルハンドで

 

松下さんお元気ですか、沖縄の牧野です。なかなか行けなかった石垣島へついに行ってきました。写真が上手に配置できません、何とかなりますか?

シングルハンドでの長距離航海が目的でヨットを始めたので、先島へ行くことは念願でした。昨年はアントニオさんと二人で2度宮古島までクルージングをしましたが、悪天や台風で石垣島には行けず、今年はシングルハンドで6月に宮古島まで行きましたが、台風6号でやはり引き返すことになりました。

9月にもう一度先島へのチャレンジを計画し、台風15号が過ぎた後を狙って今回は直接石垣島までの240マイルをシングルハンドで行うことにしました。

8日の夕方5時に糸満フィッシャリーナを出発、5~6メートルの北西風でクローズリーチ、7時間は手放し帆走でした。14時間は順調でしたがその後は風が弱くなり石垣島まで機帆走となりました。

出航した夜は中秋の名月を楽しみ、9日の夕方は油を流したような海面に雲が映るのを眺め、11日は石垣島の北端平久保崎を回って無風になったので御神埼沖で水浴びをして涼をとり疲れを癒しました。

結局2日と17時間を掛けて、11日の午前10時に石垣漁港フィッシャリーナ(今年作られたばかり、10m浮き桟橋3艇分がビジター用)に到着しました。帰路は、フィリピン近海の低気圧が熱帯低気圧になりさらに成長しそうなので、伊良部島の佐良浜港で給油をして、そのまま糸満に向かい2日と9時間で帰港しました。糸満に着く前に熱低は台風16号になりました。

今回のクルージングは、「一人で長時間安全に操船を行えるのか」を目標に行いました。今までも夜間航海では貨物船と衝突しそうになり怖い目にあっています。その対策としてAIS送受信機(ClassB)を装備しました。お金がないので安く手に入れたいと色々探して「AIS-700」を船長さんの無線ショップから購入しました。これはフリーの海図表示ソフト「OpenCPN」とフリーの電子海図「CM93」をインターネットでダウンロードして使用すれば、PC上にAIS情報を表示できます。

実際の表示は20マイル位(理論値は60マイルまで可能のようです)で十分表示されますので、夜間だけでなく昼間でも船影が目に見える前に把握でき、衝突の可能性も表示できるので衝突回避には役立ちました。こちらの情報も相手船に表示されているはずなので安心感は倍増します。

自船のAIS情報が本当に相手船に表示されているのか不安だったので、竹富島近くで出会った海上保安庁の巡視船にVHFで確認したら、「表示されていますよ」と教えていただけました。

このAISがあるお陰で、安全を確認しながら短時間の睡眠を何時でもとることができました。何時間も眠ることは無理ですが、海況とあわせて判断できれば20分前後は眠れると思います。今回は5分間の睡眠を基本に、眠くなれば夜でも昼でもAISと船影を確認してすぐに眠るようにしました。

今回のクルージングの後、疲れが取れるのに2日ほどかかりました。シングルハンドは厳しいですが、達成感は大きなものがあります。これからも長距離航海に挑戦していくつもりですが、田尻までは無理かな・・・・?

 

トンボの宮古島とんぼ帰り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA宮古島に行って帰ってきました。今回の航海はそうとしか言えません、石垣島や波照間どころか多良間にすら行けなかったのです。

16日の朝に糸満を出航し南寄りの風の中、機帆走や機走を繰り返して翌日の17日午後3時半に伊良部島の佐良浜港に到着しました。今回は、宮古島の平良港にあるトウリバーは懲りたので、GSが近くにある佐良浜港にしました。写真のとおり至便でした。ところが着くや否や熱低発生、「足が速く明後日は大荒れになりそうだ」の情報。4時間後には糸満に向けて出航しました。台風が怖いので急ぎに急ぎ、風と好天にも恵まれ28時間後の18日午後11時半に糸満に帰着しました。

ところが、佐良浜から糸満に帰る最初の夜の星空が素晴らしく忘れられないものとなりました。漆黒の空の中であれほど多くの星が、あれほど明るく輝き、あれほど白く輝く銀河を今まで見たことがなかったからです。そして、太く短く、長く細く、輝く流れ星が次々に現れて、「何だこれは!」と心の中で叫んでいました。そして光の塊となった航空機が星の海の中を次々と縫うように進んでいくのも素晴らしかったな~。

熱低は台風4号になり、今宮古島に向かって進んでいます。明日(20日)には那覇にも接近するようです。

憧れの先島クルーズ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
青木ヨットの皆さんお元気ですか。

沖縄での生活もあっという間に2年が過ぎ、ヨットでの楽しみも少しずつ広がってきました。昨年は台風が連続して発生し、台風対策に追われてばかりいました。

今年は憧れの先島(宮古島・石垣島諸島)への航海を計画し、4月下旬にアントニオさんと出かけたのですが、宮古島到着後の天気予報が悪天続きでしたので、2泊して沖縄本当に引き返しました。

実現できなかった、石垣島、波照間島への航海を来週、もう一度アントニオさんとチャレンジします。宮古島まで片道160NM余り、前回の4月は結構吹かれて40時間の予定を30時間で走破し、朝の到着が夜になったりと、色々な経験ができました。4月の時の宮古島平良港トウリバーの桟橋はこんな感じでした、極楽蜻蛉は桟橋の右端です。干しているのはナイトで使用したオイルスキンです。良さそうに見えますが、水なし、電気なし、照明なし、トイレなし、夜間施錠で出入りできない、町から遠いと大変なところです。

Blogの使い方がよく分からないので約束できませんが、うまく出来れば宮古島、石垣島から報告を送ります。写真が変なところに配置されたように思いますが、気のせいですかね、松下さん???

 

 

トンボは糸満でのんびり

青木ヨットの皆さんお元気ですか。糸満に落ち着いて半年、色々な台風を経験しました。青木ヨットで購入した50メートルの浮く黒いロープは大活躍しました。

渡名喜島からの帰り、慶良間諸島の近くで真っ黒で頭が丸いイルカが十数頭遊びに来ました。何というイルカなんでしょうね?これから冬になるとザトウクジラがみられるので楽しみです。

5月10日トンボは糸満フィッシャリーナに舫いをとることができました

早朝に伊江港を出発(中村会長から「日の出と共に出発しなさい」と教えられましたが、後半は日の出と共に出港するスタイルが定着)しました。生憎の小雨模様で強い向かい風の中、機帆走、機走、帆走、機走と頑張りましたが、予定より少し遅れて40マイルを何とか走りきり、あこがれの糸満フィッシャリーナに到着しました。
4月10日に鎌田さんと二人で田尻を出港し、まる一ヶ月掛けて糸満に着いたことになります。明日は台風1号が沖縄本島にくる予報となっていましたので、これまでの幸運な出来事を含めてまるで何かに見守られているように感じます。
今まで色々と心配してくださった方々、ありがとうございました。沖縄までの船旅を終えた今、青木ヨットのスクールを受講していてよかったと実感しています。これでシーマンシップも少しだけ身についたと思います、特に強風の中でのツーポンは上達しました。
これからは、宮古島、石垣島などの先島への旅を楽しみます。
旅の途中で出会ったヨットと、これから航海をされる皆様の御安航を祈って投稿を終わります。

トンボは伊江島に着きました

アビームの風で快適なセーリングをして、無事伊江港へ。どこか横付けできるところはないかと探しながら港内をうろうろしていると、手を振っている人が??
知り合いはいないし、誰だろうと思いながら近づくと「ここで係留しなさい」とのありがたいお言葉。舫いをとって頂いて話を伺うと、なんと青木校長から連絡があったので待っていたとのこと!!鎌田さんと二人感激しました。
ここはまだよく分かりませんが、公園のトイレがあり一安心、近くにお店もあるようです。
明日は糸満の予定です、よい航海になることを鎌田さんと二人で祈っています。

5月9日トンボは伊江島に向かって帆走中

hirumaさん、おはようございます。トンボは現在、与論島から伊江島に向けて帆走中です。辺戸岬と伊平屋、伊是名が見えます。曇りでアビームの風4メーターぐらいです。
昨日、徳之島から与論まで57マイルを、微風の向かい風、べた凪の中を機走だけで走破しました。自分の引き波をはっきり見たのは初めてでした。
与論では池田さんがボランティアで、港の外までボートで迎えに来ていただき浮き桟橋まで案内してもらいました。案内がないと入りづらい所でした。
ヨットハーバーがあると聞いていたのですが、浮き桟橋が一つあるだけでまだ整備されていませんでした。ただ周りは公園として整備されていて、綺麗なトイレがあり、10分あまり歩けば市街地に出ます。
今日は伊江島、明日は糸満の予定です。アントニオさんは帰阪の予定を調整したので糸満まで行けそうですよ。
オートヘルムは糸満で整備するつもりです。宜しくお願いいたします。

トンボは5月7日に徳之島の亀徳港に係留しました

ひるまさん、あと少しが大変で、鎌田さんは沖縄までは無理かも・・・・
名瀬では網走から去年出港して、今年シングルハンドで日本海回りで帰るという方に会いました。「シングルハンドは修行僧のような生活になるので、大変です」と言っていたのが心に残りました。今頃はトカラ列島で修行中のはずです。
今日は予想通りの南西の風、幸い雨もあまり降らず、真向かいの中機走で頑張りました。YAMAHAの八馬力はすごいです。
亀徳港は入ったところが新港で大きな岸壁がありますが、小舟には向きません。その奥の橋の手前を左に入ってすぐ右側なら止めてもいいようですが、2隻くらいしか係留できません。悪石島でもそうでしたが、入り口が狭く話を聞いていないととても入る気がしません。特に「左に曲がる所は沈み石に注意しなさい」と古仁屋の方に教えていただきましたので、少し大回りで入りました。係留については特に了解を取る必要はないと観光協会の方にお聞きしました。

コンビニ、GS、ちょっと遠いようですが銭湯もあるそうで、なかなか便利そうです。そうそう飲み屋さんもありました。
旅人アントニオ鎌田さんは「旅に出ると田尻の校長先生やスタッフの皆さんの顔が懐かしくてたまりません!」と言っています。

5月6日のトンボは古仁屋です

名瀬で天気待ちをしていましたが、6日に与論目指して出港しました。風は弱く向い風で機帆走でと考えて、オートヘルムをセットしようとしたら作動 しません。オートヘルム無しのナイトは苦しいので、急遽古仁屋に行き先変更。機走で飛ばして古仁屋にはいりました。大島海峡は静かで綺麗なとjころえしたが、雨が降っていてあまり楽しめませんでした。

海の駅のバースは入り口が砂で浅くなっているので岸壁ぎりぎりによって入らないと座礁するそうです。おまけに橋の手前で左に曲がったところに係留するのですが、曲がったとたんに係留場所となるため、事前に左舷係留の用意をしておく必要があります。

いろんな事情があって、係留費は無料です。トイレ、GS、スーパー、コインランドリー、お風呂何でもそろっていて便利です。

明日から徳之島、沖永良部島、与論島と予定しています。今は土砂降りです、せめて明日は曇りぐらいがいいな・・・

トンボは奄美大島の名瀬港で天気待ち

悪石島で天気待ちをしていましたが、5月1日の夕方に奄美大島を目指すことにして出発。ランニングでジブのみの帆走で5ノットはかるくオーバー、快適なナイトを経験しました。名瀬はヨットの係留場所が無く港湾の管理者に教えていただいた所は岸壁の下が柱になっていて不向きでした。一番奥の漁港でウロウロしているとケッチが一隻繋留していて、ここにおいでと手招きしてくれました。それが「ゆりかご」の前島オーナーと二人のクルーでした。横抱きさせていただき大変助かりました。
近くにコンビに、GS、飲み屋、ダイエーがあり至便です。ただ、上陸が「ゆりかご」のテンダーを使うのですが、小さないかだで鎌田さんは危なく半落(背中を少しぬらす程度)ちしました。鎌田さんは矢切の渡しより厳しかったといっていました。
3日は北風の予報に与論を目指して出発しましたが、予報に反して向かい風。あれれ?と思っているうち風波雨が激しくなり機帆走が出来なくなり、また名瀬に引き返しました。帰り道はランニングでスイスイ、やはり風と波に逆らう航海はいけませんね。
しばらく天候居待ちでのんびりします。