青木ヨットスクール・同窓生交流ブログ

トンボは奄美大島の名瀬港で天気待ち

悪石島で天気待ちをしていましたが、5月1日の夕方に奄美大島を目指すことにして出発。ランニングでジブのみの帆走で5ノットはかるくオーバー、快適なナイトを経験しました。名瀬はヨットの係留場所が無く港湾の管理者に教えていただいた所は岸壁の下が柱になっていて不向きでした。一番奥の漁港でウロウロしているとケッチが一隻繋留していて、ここにおいでと手招きしてくれました。それが「ゆりかご」の前島オーナーと二人のクルーでした。横抱きさせていただき大変助かりました。
近くにコンビに、GS、飲み屋、ダイエーがあり至便です。ただ、上陸が「ゆりかご」のテンダーを使うのですが、小さないかだで鎌田さんは危なく半落(背中を少しぬらす程度)ちしました。鎌田さんは矢切の渡しより厳しかったといっていました。
3日は北風の予報に与論を目指して出発しましたが、予報に反して向かい風。あれれ?と思っているうち風波雨が激しくなり機帆走が出来なくなり、また名瀬に引き返しました。帰り道はランニングでスイスイ、やはり風と波に逆らう航海はいけませんね。
しばらく天候居待ちでのんびりします。

2 コメント to トンボは奄美大島の名瀬港で天気待ち

  1. hiruma より:

    makinoさん アントニオ鎌田さん こんにちは~。
    ついにアントニオ鎌田さんも落水(?)を経験されてのですね。(^_^; しかもいかだで・・・。
    あともう少しで沖縄!!この航海が終わってしまうのが、少しさびしい気がします。
    「到着しました。」の連絡を楽しみに待ってますね。o(^▽^o)

  2. asahinamasayuki より:

    もうすぐ沖縄ですね、二人だけの航海いよいよですね、頑張ってたのしんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です