5/3-7 GW航海コースACC開催

GW航海コース最後のACC (Advanced Coastal Cruising)は、あらゆる状況下で安全に帆走する技術を習得することが目標です。灯火による夜間航海、適切なセール選択、地文航法を駆使した測位、安定帆走のためのティラー捌きなどの技術を習得するASA最高峰のコースです。

【5/3 初日:夜間航海】1900 4名の受講生が田尻に集まり、航海計画確認後2200予定通り出港です。南の風6m/s、クロースホールドで最初の関門、友ヶ島水道に向けて順調な帆走。日付が変わって0200大型船の灯火を判別しながら本船航路に突入後、北流約2knに逆らって帆走すること2時間半、風が落ちて0420エンジン始動、機帆走で友ヶ島水道通過。日ノ岬を越えたところで8の字落水者救助を練習して1240紀伊田辺入港。2knでも潮流に逆らって帆走することの難しさを学びましたね。

【5/5 2日目:ヘビーウェザーセーリング】0900前線を伴い日本海を東に移動する低気圧に吹き込む南の強風と雨が降る中、2ptメイン+ストームジブで北上開始。10kn近い爆走で一気に御坊沖までブロードリーチ。さらに強さを増す風に1140メインセールを下ろし、ストームジブのみで1340阿尾港に着岸。普段は帆走することない強風でのヘビーウェザーセーリングを体験することができましたね。

【5/6 3日目:クロースホールド】 0850 阿尾港出港。北風6m/s、1ptメイン+レギュラージブのクロースホールド。次第に風が落ちて、フルメイン+ジェノアのクロースホールドで4knの安定した帆走。1650 沼島に入港、実に8時間の真登りを楽しむことができました。天気も晴れで、これほどの良い条件でクロースホールドの練習ができる機会はあまりありませんね。

【5/7 4日目:スピンラン】槍着け練習後、0900沼島出港。南の風弱く曇りのち雨。加太瀬戸をスピンネーカで通過することが目標。1120機帆走で加太瀬戸南に到着。ジェノアを降してスピンアップ、迫り来る本船と狭い水路で停泊する漁船を避けながらジャイブすること4回、田尻に向けて最終のアプローチ。風が落ちる中、機帆走にて1500 田尻着岸。微・軽風下でのスピンランを楽しむことができましたね。

受講生の皆さん、お疲れ様でした。様々な状況でのセーリングを満喫できましたね。次のコースでお会いしましょう。(みち)

2 コメント to 5/3-7 GW航海コースACC開催

  1. 加太瀬戸をスピンラン! 凄いね~
    しかも、ジャイビングを4回もしたなんて、ACCの短期間で信頼のチームワークを築いた証しですね。 (あ)

    • 微・軽風でしたので。受講生の皆さんも狭い水路でスピンラン、楽しんでもらえたかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です