投稿者: 別所

4/9.4/10 田尻CON

生徒さんは3人。 初対面でしたが、すぐに打ち解けて和やかに講習することができました。

海図の細かい目盛を追いかけ続けた2日間、ほんとにお疲れ様でした。 全員、卒業テストに合格です。

今後も的確なチャートワークを通じて、楽しいヨットワイフを過ごされることを祈ってます。

 

 

 

3/26.27 田尻MWX

生徒さんはヨットマン3人。 外には出ず、座学ばかりの講習でさぞ疲れられたことでしょう。

実際の事故事例を教材に、自分の頭で考え意見を言い合うことが大事だと思います。

ヨットライフを通じて気象の面白さをこれからも実感していただくことを祈ってます。

 

 

 

1/29.1/30 田尻CON

生徒さんは30歳代から60歳代のヨットマン5人。 講習では細かい目盛りや線を追い続けて、皆さん目が疲れられたのではないでしょうか?

今回は気分転換に屋外へ出て、実際にベアリングをしてもらいました。 今回の講習がこれからの航海で少しでも役立つことを祈っています。

 

 

12/11-12/12 田尻 MWX

生徒さんはヨットオーナーでこれまでCONはじめスクールを短期間に集中して受講されている方でした。 質問が豊富で楽しい講習になりました。 生徒さんからの質問はインストラクターにとって自らの引出しを増やす機会にもなり、非常にありがたいです。
講習がこれからのセーリングライフに少しでも役立つことを祈ってます。

田尻 CON 11月6日、7日

生徒さんはヨットマンの男性3人。 皆さん、非常に熱心で活気あふれる講習になりました。 海図作業に大半の時間を取りましたので、さぞ目が疲れたことと思います。

全員、無事合格されました。 これから爽やかな風が吹く季節、皆さんのクルージングにCONの知識が役立つことを祈るばかりです。

 

 

10/11-10/15 田尻 ボート学科講習(2級)

生徒さんは2名。 内1名はご主人がヨットオーナー。 もう一人は釣り堀で働いておられ業務上必要とのことで免許を取りに来られました。

お二人とも熱心で質問も多く、活発な講習になりました。 これからも発航前の点検、見張りの励行を忘れずに実行していただきたいと思います。

 

 

8/31 田尻 ボート 実技

今日も朝から晴天! 波なく、北よりの微風でまさにボート日和。

生徒さんは30歳代の男性一人。 ふだん船を使うお仕事をされてるため、操船もロープワークも上手でした。

カンカン照りでしたが、コクピットの天井を開けると涼しい風が入ってきました。

生徒さんは無事合格! これからも基本である安全確認を忘れず操船してほしいものです。

 

7/26 ボート学科(2級)

生徒さんは82歳の男性。 長年の夢だったヨットに乗りたいというのが船舶免許取得の動機でした。 7/12に実技をやりました。
肌艶が良く一見お元気そうに見えるのですが、体力的な面か?集中力や根気にやや欠ける点が見られました。 しかし最後まで自分のペースで理解されるまで質問され、取り組まれた姿勢には頭が下がる思いでした。 無事、2級を合格されました。

6/19.20 田尻MWX

受講生は2名。 お二人ともBCCの経験者でヨットの知識は豊富でした。 低気圧の通過コースによって風向の変化が異なることを理解してもらいました。 海難事例(ミーモ号)では自分の身に起こり得ることとして、活発な意見交換ができました。 お二人とも無事卒業テストに合格しました。

MWX(田尻) 4/3-4/4

生徒さんは男性二人。 和やかな雰囲気の中で二日間の講習を終えました。 オブザーバーで参加いただいた道下先生に適切なご意見をいただきありがたかったです。 最終の卒業テストでは一人の方が残念ながら合格点に達しませんでした。 即座に補講と再試験を提案しましたが、勉強できただけで充分ですと仰り、時間的な制約もあるからと補講を断られました。 講習内容を生徒さんに応じたわかりやすさで伝えることの難しさを改めて認識させられました。

 

10/24. 10/25 田尻マリンウェザー

カリキュラムが新しくなってから初めての講習を行いました。 生徒さんは2名で、オブザーバーの安斎先生にもご協力をいただきました。 実際のヨットレースを題材に当日の天気図を読んでコース取りやセールの選択を検討する課題が特に好評でした。 パイロットチャートの活用法も理解が深められたことと思います。 課題は時間配分(落水事故の討論時間をもっと増やすべきと反省しています。)と、今後もより実践的なテーマを取り上げていくことが必要と感じました。

別所