青木ヨットスクール・同窓生交流ブログ

フィリピン・セブ通信② 42ftロングキール艇 復活中

昨年12月1日にフィリピン・カルメンにドック入りした42ftロングキール艇、約4ヶ月を経て修理は順調に進んでいます(進捗率50%を少し超えたくらい)。2009年に初めて対面したこの艇ですが、その後帆走する機会は年に数えるほど、最後の6年ほどは海上繋留するのみで、この艇に一体何がどのように装備されているのかさえ知らなかったのですが、今回のドック入りで全て把握できました。さすがに英国で船籍登録をしてフィリピンまで航海してきた船だけあって、それはそれはOPM、外洋航海を余裕でこなせるほどの装備がありました。

3月末で一旦修理を中断して帰国の予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で暫く当地に滞在を余儀なくされました。時間ができましたので久々の近況報告です。(みち@フィリピン・セブ・カルメン)

 

3 コメント to フィリピン・セブ通信② 42ftロングキール艇 復活中

  1. 安斎 より:

    レース艇を支えるのは最新の装備とコンピューターかも知れませんが、クルーズ艇を支えるのは知恵と工夫ですね! あと、オーナーの根性ですか?(笑)

    みちさん、カムバ~~~クッ! (あ)

    • michishitaisao より:

      古いクルーズ艇ですが出来る限り最新の装備を積みたいと思っています。ただし、それらが機能しなくなっても一人で帰ってこれるシーマンシップは身に付けておきたいですね。GPSから六分儀です。知恵と工夫と思い入れ(根性とも言う)ですよね。GWまでには帰りたい!!(みち)

      • 安斎 より:

        あ、前述は「艇の装備」ではなく、「メンテナンスの装備」のことです。(汗)
        中東にいた時に路肩の作業場(?)でエンジンを分解しているの見て、それを思い出したものですから。 (あ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です