3/21 セーリングクラブ 横須賀校 を開催しました 

この日は終日雨で強風の予報でしたが、クラブメンバーの男性2名が参加して、予定通り開催することができました。離岸するときには台風並みの天候になっていたので、風を利用した離着岸練習など、マリーナ内でできる強風下の操船を、繰り返し実習しました。微速でポンツーンに接近していくと風で艇が流されるので、スロットルのコントロールに細心の注意が必要になります。
後半は濡れたウェアを着替えて、感染予防対策のあるレストランに移動し、安全装備の確認と操船手順の振り返りを行いました。メンバーが個人のライフジャケットを点検したところ、ファスナーの噛み合わせがズレていて開かないことが発覚! 手間と時間はかかりましたが、噛み合わせを修復して無事に開くようになりました。実際に落水する前に、ライフジャケットが開くように整備できて良かったですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です