1/30-31 CON 東京校 を開催しました

CON:Coastal Navigation コースの目標は、目的地に早く安全に到着するために、チャート(海図)を使って船位を決定し、それを評価できるようになることです。今回は男性2名が参加され、活発なディスカッションを通してお互いの理解を深め合いました。チャートと定規とデバイダー、潮汐表や潮流表を駆使して、2日間でチャートワークとナビゲーションの基礎をマスターすることができました。
また、休憩時間には新旧いろいろな国のチャートを広げて、長距離航海のロマンを語り合いました。
お二人とも粘り強くチャレンジされて、優秀な成績で最終試験に合格されました。おめでとうございます!
しばらくは、コンパスローズが夢に出てくることでしょうね。CON の続きを楽しんでください。(Heday)

 

3 コメント to 1/30-31 CON 東京校 を開催しました

  1. 安斎 より:

    以前、フィリピンを航海していた時のことですが・・・
    その世界を周航したヨットに搭載されていたGPSは、持参した海図(海上保安庁作成)と数百メートルのずれがありました。もちろん、目的地を指したのは海図でした。
    CONで学んだ知識は、世界の海で通用するのですよ! (あ)

    • KubotaHideaki より:

      もしも、数百メートルもずれていることを知らずに航行していたら、異国の海で大事故が起きていたかもしれませんね。
      安全な航海をするために、CON で学ぶ知識は不可欠ですね。(Heday)

      • 青木校長 より:

        そうですね、私も経験があります。セレーヌ43を回航中に石垣港を出航し、南側の八島人工島との間の狭い水路を航行中に、GPSの現在位置はサンゴ礁の浅瀬を指していました。航路標識に従って、目視で航行したので、無事に外洋へと抜けることが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です