12/19-20 BKB 東京校 を開催しました

今回は、北海道から男性1名が参加されました。初日は東京湾に雪が降る中、微風から無風に。風位を掴む感覚を研ぎ澄ませました。2日目は一転して強風のコンディション。出航準備の段階から、荒天対策を整えて出航しました。2日間で、セイルアップとセイルダウン、風位に合わせたセイリング、タッキング、ジャイビング、リーフ作業、8の字救助法、離・着岸、ロープワークなどを行いました。
特に2日目は、受講された方にとってヨットで初めて遭遇する強風の体験となり、荒天対策を丁寧に実習しました。微風だった前日とはまったく違う海の様子に合わせて、艇上で必要となるスキッパーとしての作業手順を、繰り返し確認されていました。その中でも、落水者を救助する際や強風時の操船で、艇に危険を招かないために、風位を的確に掴んで操船することに熱心に取り組んでおられました。
ヨットの経験は浅いそうですが、若い頃から様々に訓練を受けてこられた豊富な人生経験が、ハードなコンディションの中で十二分に発揮されていたように感じられます。将来自艇を持って長距離航海に出る目標を持っておられますので、また次回、青木ヨットスクールの航海コースでお会いできることを楽しみにしています。(Heday)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です