青木ヨットスクール・同窓生交流ブログ

8/4 関西セーリングクラブ活動 田尻本校

晴天、焼けつくような真夏の今日、7回目の田尻セーリングクラブの訓練を行いました。 船体および設備の確認、出航準備を行ったのち、4名の方々がそれぞれ、スキッパー、ヘルムス、ジブ、メインのトリマーとして1時間半交代で持ち場をご担当頂く順番を決めました、最初のスキッパーさんには、ブリーフィング:乗員全員の体調確認から始り、天候、波浪注意報の有無、今日一日の風向き風速の予測、潮流方向と変化、干満潮時間、日没時間を発表していただき、出航するか否かの決定及び今日の目標をコミュニケーションとして注意事項をご確認頂きました。 出航するや否や、風速が予報よりもあり、4‐5ノット、最大6ノット(スマホGPSでの計測)で快走し、これぞセーリングと言える気持ちのいい滑り出しでした。それぞれのご担当からの意見を取り入れ、各スキッパーさんの最終判断と号令のもとそれぞれの役を行いました。 熱中症予防に水の補給を欠かさず、船内で順次お昼ご飯を食べ、タッキングを繰り返しながら、ウェザーヘルム対処実験、ジブリーター位置実験、メインだけでの帆走、リーフ有り無しの実験、などいろんな実験でスピードの変化や、ティラー圧力の変化などを体感して頂きました。 午後から乗員一名の体調が急変し、救急車の手配の段取りや、緊急時の操船、乗員のケア、声掛けをしながらの入港準備などテキパキと行え、非常時の即判断と連携の訓練ともなりました。
皆さま今日はお疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です