Archives

now browsing by author

 

8-18 田尻体験セーリングを開催しました。

8‐18田尻体験

8‐18 田尻体験セーリングを開催しました。
台風一過、少し涼しい晴天、風速1‐3mで快走しました。
出航前にエンジンにトラブル発生、約40分のロスがあり、申し訳ありませんでした、海上では最高のセーリング日和で、常時4‐5ノットで快走し、関空燃料バース手前から、ドップラーレーダー前危険標識を越え、関空大橋下を通過、北側の安全標識でユータ―ン、各クロスホールド、アビーム、ブロードリーチなど風位を体験していただきました。 セーリングとしては最高の状態でご体験しただけたと思います。 これからさらにスキルアップしていただけるように青木ヨットスクールでの各コースを受講いただければと思います、安全かつ楽しいセーリングができるよう、また仲間作りがをして頂けますよう祈念しております。

8/4 関西セーリングクラブ活動 田尻本校

晴天、焼けつくような真夏の今日、7回目の田尻セーリングクラブの訓練を行いました。 船体および設備の確認、出航準備を行ったのち、4名の方々がそれぞれ、スキッパー、ヘルムス、ジブ、メインのトリマーとして1時間半交代で持ち場をご担当頂く順番を決めました、最初のスキッパーさんには、ブリーフィング:乗員全員の体調確認から始り、天候、波浪注意報の有無、今日一日の風向き風速の予測、潮流方向と変化、干満潮時間、日没時間を発表していただき、出航するか否かの決定及び今日の目標をコミュニケーションとして注意事項をご確認頂きました。 出航するや否や、風速が予報よりもあり、4‐5ノット、最大6ノット(スマホGPSでの計測)で快走し、これぞセーリングと言える気持ちのいい滑り出しでした。それぞれのご担当からの意見を取り入れ、各スキッパーさんの最終判断と号令のもとそれぞれの役を行いました。 熱中症予防に水の補給を欠かさず、船内で順次お昼ご飯を食べ、タッキングを繰り返しながら、ウェザーヘルム対処実験、ジブリーター位置実験、メインだけでの帆走、リーフ有り無しの実験、などいろんな実験でスピードの変化や、ティラー圧力の変化などを体感して頂きました。 午後から乗員一名の体調が急変し、救急車の手配の段取りや、緊急時の操船、乗員のケア、声掛けをしながらの入港準備などテキパキと行え、非常時の即判断と連携の訓練ともなりました。
皆さま今日はお疲れ様でした。

7/21 体験セーリングを大阪校で開催しました。

台風5号の影響が残る中、大阪校で体験セーリングを開催しました。曇り、風速4‐6m、かなりうねりが残る中、ストームジブ、2ポイントリーフ、 3‐4ノットでの上々の帆走を体験して頂きました。40年ぶりの帆走で当時の感覚がよみがえったとのこと、青春は体が覚えているですね、ヨット初体験の方はボート免許をお持ちで、ボートとの違いを実感していただきました。エンジン音のない、自然の風と波に向き合った体験は全く新しい感覚であったことでしょう。お二人ともティラー操作に戸惑うこともなく、上々の滑り出しでした。

これからお二人がそれぞれのヨットライフを楽しんで頂けますよう祈念しております。

 

  

20190721大阪校体験セーリング

6月15‐16日 SBDVIPコース

06月15‐16日 SBD VIPコース :6名様に蒲郡 ラグナマリーナにてご受講いただきました。

以前、仲間が集まった時にヨットチームを作ってセーリングを楽しもうとの提案から始まって活動してこられ、本コースの受講に至ったとのことです。

机上での学科講習と海上での実地訓練講習を交互に効率的に受けていただけますように、3名づつの2チームに分かれて頂きインストラクターを2名体制で講習させていただきました。

15日土曜日は朝から風速10-15M で、同日のラグナマリーナ主催のヨットレースが中止になったくらいの荒天でしたが、11時頃に一時風の勢いが弱まったため、Aチームに海上に出て頂きました。 時折雨が降る中を港内での実習を13時までしていただき、13時からはそのまますぐにBチームが引き継ぐように海上にて出ていただきました。 Bチームにはその後エンジントラブルがあり、早めに切り上げることになってしまい、申し訳ありませんでした。

2日目の16日日曜日は、大型低気圧が関東方面に移動しましたが、前線通過後の西風が強く、ラグナマリーナ計測の最大瞬間風速が21mと台風並みで、12‐14m吹く状態でした。まずはなんとか帆走を体験、体感して頂きたい一念で2日目の目標としました。

Aチームに港内を出て、実際の荒天状態での帆走をメインのみの2ポイントリーフで体験して頂きました、Aチームの皆さまには異口同音に、すごいいい体験ができた、ヨットとはこう言うものだったのか、こんな風に動作するのか、ヨットはなめてかかってはいけない、これは面白い、と喜んでいただけ、インストラクターとしての今日の目標を達成できました。 午後からも風が強い中でしたが、Bチームに時間的には短かったのですが、帆走の体験をしていただけました。

皆様和気あいあいの雰囲気の中で互いにケアされているところが、これこそチーム、って言う絆を分かち合っておられること、益々のヨットライフの充実や楽しみを味わっていただけますようにインストラクター一同祈念しています。

05月26日 和歌山マリーナ 体験セーリング

5月26日、和歌山マリーナにて体験セーリングを開催しました。

気温32℃超え快晴の天気予報でしたが、午後からは少し曇り、快適なセイリング体験をして頂けました。

風の感触、潮の音色、匂い、海上からの景色だけでなく、いろいろな風位でのセイリングは爽快でこんなに気持ちいいものかと実感して頂けました。

20190526和歌山マリーナ体験セーリング