青木ヨットスクール・同窓生交流ブログ

2/13 IQCシングルハンドテストを横須賀で実施

2017年2月13日の月曜日、横須賀マリーナヴェラシスでシングルハンドテストの再試験を実施しました。

IQCはインストラクラーになるためのシングルハンドテストです。23フィート艇を1人でセーリング離着岸を行い、海上では落水者救助の操作もすべて一人で実行しなくてはならない高度なテストです。

 

当日は晴れ、北東/南東の風4~3m/sというコンディションで、IQCには風が弱いかな??という状況でした。

帆走での離着岸、縮帆などと共に、落水者救助を行います。落水者救助では水の入ったタンクを引き上げます。

海の上でいろいろな状況に対処して安全にセーリングできなくてはなりません。

なおかつ、生徒の失敗を励まし、生徒が解決策を自ら生み出すのを待つ。それがヨット教育に必要な、アーティスト教育法です。IQCでは、このアーティスト教育法を学びます。

そんなIQCクラスでは、合格すればプロとして通用するASAの正式インストラクター資格を取得できます

この日は1名の受講者様が見事合格され、インストラクター資格を取得されました、おめでとうございます!

 

皆さんもぜひこの厳しい講習とテストに一度挑戦してみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です