5月2日-3日 大阪田尻マリーナでSBDコースを開催

5月2日、SBDコース1日目は海上で15m/s近くの強風の為、座学を中心に教習をさせて頂きました。
安全認識を高めながら、ライフジャケットの浮力体の膨張を実演後、模型などを使用し、理解しやすい講義が行われた。
市場では様々なタイプのPFDが販売されているが、セーフティーハーネスを装着できるものは少ない。

浮力体が大きくハーネスが装着できるタイプ
適切なハーネスは金具で見分けよう

 

5月3日、は海上は北3m/s、実技にピッタリの風に恵まれ、離岸着岸(ドッキング)、旋回、人命救助と受講生自身が操船を行います。

穏やかな田尻沖
田尻沖で人命救助を見事に成功させるM様とK様

2日目の最後に行うセーリングでは、風が捕まえれるか試行錯誤しながらクローズホールド、アビームなどの風位にトライ。

ジブはレギュラーで無くジェノアを選択
なかなか上手くセールに風がはらまない(2ノット)
関空に近づいた時、受講生のセンスによって風を捕まえる事が出来た
セールトリムを調整し、さらに加速するY23(4ノット~)
後片付けは受講生の手で行う

ペーパーテストを経て、無事SBDコースをご卒業。

SBDテストには高度な問題が含まれている

お越しいただいたM様、K様、ありがとうございました。
次はBKBコースへのステップアップをご検討頂ければ幸いです。

Itaru

5月3日の田尻の夕日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です