10/18 セーリングクラブ  横須賀校で開催しました。

練習は裏切らない!

10月のクラブ活動は、3名で荒天帆走の練習をしました。帆船が荒天を乗り切るためには、リーフィング(縮帆)欠かせません。海象に合わせて帆の面積を減ずるのです。しかし、この重要な作業を経験したことのないセイラー(もはや、セイラーではない?)もいるのです。そこで、リーフィングの手順を確認するために、桟橋に係留した状態で縮帆シミュレーションをしてみました。実際に作業してみると・・・腕が届かなかったり、1Pと2Pを色分けしたほうが良いと気付いたり、波の中で揺れていたら身体を支えらるのか不安になったり・・・いろいろなことを実感したのではないでしょうか? 大きな収穫のあった練習でしたね、うん!

昼食後、8-10m/sの北風の中で荒天帆走(リーフィング作業)を実践しましたが、さて結果は如何に・・・ (あ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です