5/21&22 東京校でSBDを実施しました

今回は4名の皆様にご参加いただきました。
SBDの目標は、中型ヨットのスキッパーとして、クルーの安全確保とマリーナでの離着ができるようになることです。
教室講義では、個人安全装備の選び方や使い方、マリーナ内で守るべき基本マナー、使用頻度の高いロープワーク、そして、機走による離着岸や落水者救助法の理論について学びます。
海上実習では、教室講義で学んだ知識や手順を繰り返し実践することで、操船スキルの向上を図ります。
卒業テストにも全員無事に合格して、ASA-118の国際ライセンスを取得しました。
ご受講いただき、ありがとうございました。
また次のコースでお目にかかれることを楽しみにしています。
(Y)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。