6/5&6 東京校でSBDを実施しました

SBDの目標は、スキッパーとしてクルーの安全確保とマリーナでの離着岸ができるようになることです。
教室講義では、離着岸の理論に加えて、ヨットや安全確保に関する様々な知識を学びます。
海上実習では、繰り返しの離着岸練習や、機走による落水者救助などに挑戦します。
今回の受講生の皆さんは、卒業テストにも高得点で合格し、ASA-118の国際ライセンスを取得されました。
ご受講いただき、ありがとうございました。
また次のコースでお目にかかれることを楽しみにしています。

(Y)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です