台風21号一過の横須賀校

横須賀校の教習艇(ヨット&ボート)も、無事で何よりでした。

台風21号通過時の強風は、北から東、南へと振れました。それにより、マリーナヴェラシスには南東から高波が押し寄せたのです。防波堤を越えた大量の海水は、幾つかの艇を揺さぶり、若干の被害を与えました。

写真は突風による被害です。3艇並んだファーリングジブの片付け方の違いが、そのまま傷の深さに現れてしまったのです。手前の艇はジブを巻いただけだったので、解けて破れてしまいました。マリーナスタッフが予備ハリヤードを巻き付けて対処したようです。2番目の艇(実はaoki卒業生)はスピンハリヤードを巻いていたのですが、間隔の広かった部分に風が入り込んでしまったようです。この後、メインハリヤードを使って仮対応しました。3番目の艇はカバーを付けていたので、何事もなかったかのように佇んでいました。
さて、みなさんなら、どうしますか? もちろん、外して仕舞ってしまうのが一番ですけどね。(笑) (あ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です