青木ヨットスクール・同窓生交流ブログ

安斎

  • 安斎 さんが新しい投稿「4/13,14 SBD  横須賀校で開催しました。」を公開しました。 3か月 2週前

    ライフジャケットやセーフティーラインなどの装備品って、どんなのが良いんでしょうか?

    ただ身に着けるだけでなく、実際に作動させることで、何を基準に選べばよいかが解ります。ヨットの動きを知るのには、ヨットの動かされ方を体験します。そして、整理整頓すると、安全意識が高まりますよ。 (あ)

    ※ 写真には、持参されたウェストポーチ型ライフジャケットを着用している受講生がいます。

  • 安斎 さんが新しい投稿「4/6,7 BKB  横須賀校で開催しました。」を公開しました。 4か月 1週前

    カリブの島々を巡る・・・

    母国への想いを馳せて、セイリングの基礎を勉強しています。(BCC、CONでクルージングの基礎を勉強する準備も!) BKBではセイリングの所作だけでなく、海事法規(国際法)も学びます。水平線の向こうにある「何か」を見つけにいくために・・・

    この日、横須賀校のあるシティマリーナヴェラシスでは、毎年恒例の安全祈願祭が執り行われていました。教習艇CONDOR号も、お札を戴きました。 (あ)

  • 安斎 さんが新しい投稿「三河の海へ! ・Hokule’a 号 進水式・」を公開しました。 5か月前

    卒業生Hさんの「Hokule’a号」が、愛知県三河湾に進水しました!

    3月の大安吉日、アオキヨット愛知校のあるラグナマリーナで、ヨット仲間やマリーナスタッフの祝福を受けて進水です。さあ、セイリングシーズンに向けて、Hokule’aとの二人三脚が始まりました。そしていつの日か、その名の如く「喜びの星」を求めて旅立つ・・・のかも知れませんね。 (あ)

  • 安斎 さんが新しい投稿「3/2,3 BKB  横須賀校で開催しました。」を公開しました。 5か月 3週前

    季節を2倍楽しみました!?

    前月のSBDに続いてのBKB受講は、穏やかな陽射しと、冷たい雨でした。しかも、受講生は1人だったので、全ての作業を一人でやらなければなりません。(もちろん、インストラクターが補助します。) 初日の縮帆練習が、2日目にはまさに実践(N-20kt風)です! でも、もうすぐオーナーになる受講生は笑顔でした! (あ)

  • 微風時の帆走こそ、腕の見せ所なのです。(笑)

    自転車を漕ぐのは難しいことではありませんよね? では、ギリギリ止まりそうな速度で漕ぐのは、如何なものでしょうか?
    セイリングとは、あらゆることをトリム(trim=調節)することです。帆(角度、深さ、捻じれ・・・)、艇(針路、傾き、捻じれ・・・)、そして人! これらを理解しているからこそ、スキッパー(skipper)には特権が与えられているのです。 (あ)

  • 美味しかったですね!

    K氏は幾度かのプラクティスを受けていますが、そのほとんど(もしかすると全部?)が縮帆を要する天候条件でした。でも、今回は北風を満帆に孕ませることができました。そして、我慢のセイリングを続けたご褒美は、漁師さんの店の昼定食です! いや、これは自分の艇を持った時のために、「ヨットの楽しみ方」をシミュレーションしたのですよ・・・(笑) (あ)

  • 安斎 さんが新しい投稿「2/9,10 SBD  横須賀校で開催しました。」を公開しました。 6か月 1週前

    東京都心に雪が積もっていた頃・・・

    マリーナヴェラシスにも冷たい北風が吹いていましたが、防寒着に身を包んで離着岸練習を行いました。教室では上手くできたロープワークに手こずったのは、指先が凍えてしまったせい? でも、受講生のお二人は笑顔でした! (あ)

  • 安斎 さんが新しい投稿「2/2,3 BKB  横須賀校で開催しました。」を公開しました。 6か月 2週前

    晴れ男かも・・・

    受講生のY氏は、もうすぐ31feet艇のオーナーになります。そこで、同サイズの教習艇がある横須賀校まで足を運んでくれました。春の陽気の2日間に、風位ごとのセイリングやMOBなどを実践できました。もちろん、学科試験(高得点!)もありました。 (あ)

  • 快晴の日曜日なのですが、ヨットもボートも人影はまばらです。我々は「一番の冷え込み」という予報をものともせず、出航準備を粛々と進めていきます。ただね、風が強かったかな・・・少しね・・・(笑)

    運河のなかにある、夢の島マリーナの海面にも波が立っています。港外の状況は想像に難しくないので、縮帆作業を確かめてから出港しました。強風下でのセイリングでは、帆の大きさ(面積)を適切にすることで、クルーと艇の負担を軽減できます。この[…]

  • 安斎 さんが新しい投稿「1/20 体験セーリング  横須賀校で開催しました。」を公開しました。 7か月前

    桜の咲く陽気だったそうです。(驚)

    「のんびりとヨットを操れたら気持ち良いだろうな~」「私も同じです!」と、自己紹介してくれました。でも、のんびりするのには少々風が強かったですね。そこで、帆を小さくして(縮帆と言います)、セーリングを楽しんで頂きました。強風に傾く船上での、帆の揚げ降ろしや舵曳きは大変だったと思います。筋肉痛は大丈夫でしょうかね・・・(笑)
    次は、ヨットスクールで会いましょう! (あ)

  • 安斎 さんが新しい投稿「よい風が吹きますように!」を公開しました。 7か月 4週前

    ヨットの人も、ボートの人も、安全航海を祈っております。 (あ)

  • 安斎 さんが新しい投稿「12/23,24 CON  東京校で開催しました。」を公開しました。 7か月 4週前

    GPSがあれば、いいんじゃない?

    少し前までは、自動車で出かけるのには地図を広げていました。今では、渋滞の回避さえもカーナビが教えてくれます。
    しかし、舟を取り巻く環境は常に変化し続けるのです。風に吹かれ、波に叩かれ、潮に押される・・・GPSがあれば、その瞬間の情報を得ることはできます。しかし、いきなり「ここは危険です」と言われても困ってしまいます。それよりも、「この先は危険です」と読むことができれば、安全な対応がで[…]

  • 安斎 さんが新しい投稿「12/22,23 BKB  愛知校で開催しました。」を公開しました。 7か月 4週前

    AH-24で実技教習しました!

    蒲郡のラグナマリーナで開催されたBKBコースに、2名の受講生が挑戦しました。操作操船だけでなく、スキッパー(艇長)としてのスキルも必要なので、関連法規も勉強します。そして、雨にも負けずに海上実習です。2日目は晴れましたが風が弱くて、「8の字救助法」はかえって難しくなってしまいましたかね・・・ (あ)

  • Kさん、前回のプラクティスも、黄旗(出港注意)でしたよね~

    せっかくの日曜日ですが、20ktほどの北東風に吹かれています。幾度かプラクティスを受けている受講生は、「こんな日の乗り方を知りたいです。身体が冷えたら、早や上がりで・・・(笑)」ということだったので、海象と自身の技量に適した艤装について勉強しました。そして、メイン2Pとストームジブで帆走を楽しみました。 (あ)

  • SPARROW と Zen-24 の[…]

  • 安斎 さんが新しい投稿「12/1,2 BKB横須賀  開催しました。」を公開しました。 8か月 1週前

    師走とは思えない陽射しと思いきや、翌日は冷たい風浪が立ちました!

    26feetのKeel Boat で腕を磨いている受講生が、まさにBKBに挑戦です。ここでは、スキッパー(艇長)として艇の装備や船舶法規についても学びます。2日目は16ktほどの北風でしたが、艇の動きをよく見てもらえるよう敢えて2P縮帆で操船しました。この艤装で、ヒーブツーを利用した落水者救助法(8の字救助法)も実践します。 (あ)

  • 横須賀校のマリーナヴェラシスが主催するレース(ヴェラシス杯)に参戦しました!

    毎年10月の最終週に開催されるヴェラシス杯ですが、今年は11月に変更されたのが吉と出るか、小春日和に11艇がエントリーしました。我々(クラブ員5名)は、CONDOR号で参戦です。しかし、風はNE-4m/s程度からどんどん弱くなる予報なので、艇長会議ではコース短縮が告げられました。
    スタート直後から風が落ち始め、参加艇の仕様や大きさによ[…]

  • 村上水軍は現れたか・・・

    海の駅で隣に舫われていたカッターリグは、卒業生S氏の「たそがれ」号でした。ご夫婦旅の途中だとか・・・羨ましい。潮流のタイミングがあるので、艇上で朝食をとってから出港しました。島々を越えるたびに変わる景色が、我々を楽しませてくれます。今日の潮周りは小さいので、通過も難しくはないだろうと舟折瀬戸を選びました。村上水軍の能島を見てみたかったというのも経路決定の一因ですけどね。それにしても、当時の水[…]

  • すごいっ!
    インストラクター(あ)は、何人もの東京校のマリーナスタッフから「人命救助したんだって!」声をかけられて、鼻高々でした。 (あ)

  • これまた、画になる時刻に帰港されたんですね~ (あ)

  • もっと読み込む

コメントする to 安斎

  1. KubotaHideaki より:

    被害がなくて何よりでした。
    暑い中での台風対策と解除、大変にお疲れ様でした。

  2. 澤田孝志 より:

    ご苦労様です。
    宜しくお願いします。

  3. 安斎 より:

    待機当番のスタッフさん、ご苦労様です。
    海面がずいぶん高いですね、お気を付けて! (あ)

  4. 安斎 より:

    自主練! いいですね~(笑) (あ)

  5. ひろ より:

    私も沖縄行きたいと思います

    無線機は必要ですか

    • yohaoki より:

      無線機は必要です。詳しくは、日本小型船舶検査機構のサイトでお調べください。

  6. 安斎 より:

    エンジントラブルは、インストラクター(あ)がキャブレターをかぶらせてしまったのが原因でした。充分な対応ができなかったと反省しています。 (あ)

  7. 安斎 より:

    ボートはレンタルなのに、ヨットはチャーターなんですね~(笑) (あ)

    • michishitaisao より:

      チャーターはクルー付き、レンタルはベアボートのイメージですかね。ヨットはやはりやる事が沢山あるので、簡単にレンタルという訳にはいかないのでしょう。その点でBBCには深い意味がありますね。

  8. 安斎 より:

    BBC(BareBoatCruising)を取得した、みなさ~ん!
    是非、本場のクルージングを体験しようではありませんか。

    みちサン、「スービック編」ということは、これからもっともっと・・・
    楽しみにしていますよ~(笑) (あ)

    • みち より:

      安斎さん
      はい、来週はセブに飛びます。
      セブヨットクラブですっと海上係留している42ftのメンテに行きます。
      実は相当痛んでいます。現地のパートナーがケアしてくれているのですが、
      かなり手を入れないとダメな状況です。
      青木のメンテコースの教材になりそうな感じです。(笑)
      セブ編がアップできるかどうかは、42ftの状況次第です。 

  9. 安斎 より:

    すごいっ!
    インストラクター(あ)は、何人もの東京校のマリーナスタッフから「人命救助したんだって!」声をかけられて、鼻高々でした。 (あ)

  10. 安斎 より:

    これまた、画になる時刻に帰港されたんですね~ (あ)

  11. 安斎 より:

    ホーン岬の波濤さえも自ら起き上がった「信天翁」
    早く元気になってくれ! (あ)

  12. 安斎 より:

    さすがACCメンバー! さすが道下先生!
    怪我とか無くてなによりでした。

    岸壁でメンスルを修理する後ろ姿と、ブームに干されたオイルスキン・・・闘いの後ですね。(笑) (あ)

  13. 安斎 より:

    「レギュラージブメイン」
    ピンチにあっても、お茶目な心を忘れない・・・ よいですね! (あ)

  14. 安斎 より:

    BBCの投稿が、ACCよりも後になってしまいました・・・(汗) (あ)

    • michi より:

      実はBBCの投稿を待っていました。が、12/9田尻で忘年会があり、話題提供のためにアップしました。よほど催促しようかと思ってました。(笑) (みち)