Archives

now browsing by author

 

青木ヨットスクール同窓生フォーラム、横浜で開催

ご好評をいただいた昨年に引き続き、本年も「青木ヨットスクール同窓生フォーラム」を開催します。

青木ヨットスクール受講生の皆様、ぜひご参加のほど、お待ちしています。

◆日時:2019年3月9日 13時~17時

◆会場:パシフィコ横浜展示ホール2F会議室 E202室

◆プログラム:

  1. 開会のご挨拶と質疑応答(校長 青木洋、ASAインストラクター 安齋久雄)
  2. 青木ヨットスクールの受講感想裏表(株式会社アード・ソシヨ  卒業生代表 安田晋)
  3. ヨットの保険事故から考える(アクア船舶鑑定株式会社 船舶保険鑑定人 新田肇)
  4. インストラクター落水者救助研修会から、対策を考える(ASAインストラクター 松山淳)
  5. 受講生が成功した落水者救助の実例報告(青木セーリングクラブメンバー 浦野寛之)
  6. 米国・カナダ留学から、ASAとISPAを比較する(創価大学教授 ASAインストラクター 久保田秀明)
  7. 長距離航海コースの魅力とハプニングレポート(ASAインストラクター 道下勲)

◆参加費:2500円税込(当日支払い、インターコンチネンタルホテルから飲み物ケータリング付き)

終了後に懇親会をします。 併せてご参加お待ちします。
◆会場:肉バルD.U.M.B.O/クイーンズスクエア横浜 5階
◆日時:同日 17時30分開始
◆参加費:4000円税込 飲み放題付き(当日支払い)

◆お申込み:以下のフォームでご送信下さい。ご友人のご同伴も歓迎します。
◆先着30名限定
満席となりました。

—————————————————————————–

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

参加 (必須)
フォーラム

ご質問、ご要望

 

11/18 BKB後期コース 東京夢の島マリーナで開催

2018年11月18日、東京夢の島マリーナでBKBコース(後期)が開催されました。

BKB2日目、夢の島マリーナのアトリウムにて教室授業の後、小休止をはさみ艇に移動して出港準備。出港後は荒川河口橋をくぐってセールアップ。落水者救助法の練習ではテキスト通りの基本の8の字救助法の練習の後、応用としてアビームでセーリング中に落水した想定、さらにブロードリーチでセーリング中に落水した想定でも練習していただきました。帰港後の卒業テストでは高得点で合格、BKBライセンスを取得していただきました。

11/17 BKB前期コース 東京夢の島マリーナで開催

2018年11月17日、東京夢の島マリーナでBKBコース(前期)が開催されました。

一定のヨット経験がある方の場合、最初のSBDコースはペーパーテストたけでライセンス取得が可能です。今回はヨットのご経験がある方お一人だけの受講でしたので、テストだけでライスセンス取得されたSBDコースの実技内容も盛り込み、離着岸練習ではシングルハンド想定で練習していただきました。出港して機走での落水者救助法の練習をした後にセールアップ、各風位に向けたセーリングやメインセールのリーフとその解除、セーリングでの落水者救助法の練習をしていただきました。

11/9 四国一周長距離航海コース、田尻マリーナより出航

2018年11月9日、瀬戸内海から大分を経由して四国を一周する長距離航海コースが開始されました。週末毎に3つのコースに分けて開催される、延べ11日間の過酷な航海実習の最初のコースがスタート。

受講者は午前10時に集合、教室でインストラクターからコースの説明や注意点などを受け、事前に宿題として出されている課題である第1レグの航海計画を検討、その後教習艇に移動して出航準備。お昼過ぎに離岸、青木校長以下スタッフに見送られての出航となりました。
どんな航海になるのでしょうか…、航海の様子はまた追ってレポートさせていただきます!

11/3-4 インストラクター会議「第3回 落水者救助法研修会」

11/3-4 大阪・田尻マリーナでインストラクター会議が開催されました。

舵誌に掲載されている校長の連載記事にも紹介されている、第3回目の「落水者救助法研修会」が開催されました。全国から15名のインストラクターが参加し、1日目は日赤救急法指導員を招いて救急救命法の講習、2日目の海上実習では基本の8の字救助法のデモンストレーションからセーフティラインをつけた状態で落水した場合にどのようになるか、最近の事故例で溺死した事例があることから、走っているヨットから落水し艇に引きずられる状況の検証等を実施しました。

10/3 VIP-BCCコース開催

2018年10月3日、大阪田尻マリーナでVIP-BCCコースが開催されました。

BCCコースは30フィートくらいの中型ヨットのスキッパーとして、安全に、2、3日間のクルージングを実行できるようになることが目標。今回VIPコースとして大阪、田尻マリーナから淡路島洲本サントピアマリーナまでの航海を実施。計画したコース上の推測位置と陸上の目標から得た実測位置の差を評価して進みます。途中風が弱まり、日没時刻と目的港までの残りの距離から最後はエンジン始動して機帆走で遅れを取り戻し目的港に入港しました。

9/15-16 CONコース東京夢の島マリーナで開催

2018年9月15日と16日、CONコースが開催されました。

安全な航海に必要なナビゲーション技術を学ぶCONコース、今回は夢の島マリーナの会議室の予約が取れず、アトリウムの青木ヨットコーナー横のガラス張りの教室で開催しました。11月開催予定の四国一周コースに参加予定の方など6名の皆様にご参加いただきました。海図や潮汐表などの水路図誌の種類を知り、チャートワークの基礎から応用までを学ぶナビゲーションのコース、BCC以降のコースに必要な知識を身につけて、航海計画を立てたら、さぁ航海に出ましょう!

9/1-2 BSBディンギーコース 稲毛ヨットハーバーで開催

2018年9月1日と2日、BSB、ディンギーのコースが開催されました。
稲毛ヨットハーバーのレンタル艇を利用、受講生4名で協力して2艇の艤装を完了しスロープから水面へ艇を下ろしてセーリングの準備完了。河口の水路までのハーバー内で帆走での離着岸とタッキング、ジャイビング練習、出港して沖に出る時と帰港する際は狭い水路の中を通るので、風向きによってはタッキングを繰り返さなければならず気が抜けません。実技終了後はレンタル艇をスロープから船台に乗せ艤装を解除、卒業テストでは皆さん高得点、お一人は満点で合格、BSB110ライセンス取得していただきました。

スバルザカップトロフィー(Class IX 2位)

2018年7月15日開催の第10回スバルザカップ

セーリングクラブの活動として参加、グループCのクラスIXで2位入賞の結果でいただいたトロフィー、台座に貼り付けるネームプレートをいただきましたので、トロフィーに貼り付けた写真を掲載します。

 

7/15 セーリングクラブ、スバルザカップ参戦

2018年7月15日、セーリングクラブの活動でスバルザカップに参戦しました。

第10回目となるスバルザカップにセーリングクラブのメンバー5名で参戦しました。

初めてレースに参加するメンバーばかり、先月の練習でスタートの練習をしましたが、初めての実戦ではCクラス約30艇がひしめくスタート海面の混雑の中でもあせることなく本部船寄りから良いスタート。右海面に展開しアクアラインの橋をくぐる時点で後続艇が10艇以上確認できる結構いい位置で回航。25ノット程度まで吹き上がったコンデションにスピンのないZen24ですがフルセールでダウンウインドを快走。スピンを上げたリベッチオに追い上げられたものの4秒差で抑えてフィニッシュ。グループCのクラス9(全11艇中)の2位に入賞しました。

スバルザカップのHPのフォトギャラリー(外部サイト:Flickr)にも写真が掲載されています。

http://subaruza-cup.com/
https://www.flickr.com/photos/134625115@N04/albums/72157693815697180/page1