青木ヨットスクール・同窓生交流ブログ

宮島水中花火大会

8月14日宮島花火大会が厳島神社沖で催さ午後8時から9時まで5300発の光のショーを楽しんできました。
見せ場は約200発の台船から海に投げ込まれる扇状の水中花火です。
今年は風が強く(真風速14Kts)波も悪く往航はジブを展開、機帆走となった。
マリーナから片道マイル、時間の行程であるが牡蠣いかだ避け、宮島と本土の間のひっきり無しに横断するフェリーの航路を横断して大鳥居の前の錨地へ投錨する。
観覧の為のプレジャーボート約500隻(主催者発表)、錨地は泥で錨効きは良いが船が多い為
あまりスコープを延ばせない。間隔を空けるとすぐに他の船が割り込んで来るし、
毎年結構氣を使うところです。
翌日の新聞によれば走錨した船や帰りにいかだに乗り上げた船(二隻)もいたようだが
大事には至らなかったようです。
帰りは機走にて23時前にホームポートへ帰着した。
その折の写真添付します。
それにしてもデジカメで花火を写すのは難しいですね。

1 コメント to 宮島水中花火大会

  1. admin より:

    cap.masaさん、投稿待ってました。花火はなかなかきれいに写っていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です