青木スクール、感染防止対策の徹底

青木スクールでは東京都および大阪府の感染防止ガイドラインに従って、感染防止対策を実施しております。受講生およびセーリングクラブメンバーの皆様には、徹底にご協力をお願いいたします。

  1. 受講前の検温
    インストラクターが非接触式体温計で、全員の検温を致します。37.5度以上の時は、後日改めて受講して頂きます。
  2. 受講前および受講後の手指消毒
    備え付けの消毒液を使って、手指の消毒をお願いします。休憩前後および終了時にも消毒して下さい。
  3. 受講中のマスク着用
    受講開始時から、教室および乗艇中においても、マスクの着用をお願いします。
  4. 受講コースの定員
    SBDおよびBKBコースは定員4名に、CON、MWXは6名に、BCC以上は6名が定員です。

ヨットスクールの受講コースの詳細は、以下のリンクから。
https://www.aokiyacht.com/school/

12/4 セーリングクラブ  東京校で開催しました。

風は何処へ行ってしまったのだろうか?

5名のメンバーが東京夢の島マリーナに集まりました。みなさんのやる気に反して、どこ吹く風・・・いや、風が無いのです。ノンビリ漂うには良いのですがね~ それでも、東京Dランドの東側にある浦安マリーナまで行って来ました。途中の艇上では、ロープスプライスの練習ができるほど穏やかな一日でした。 (あ)

※ 撮影時にマスクを外しています。

12/3 東京校で体験セーリングを実施しました

1名の方にご参加いただき、時間いっぱいまでセーリングをお楽しみいただきました。
2023年はぜひスクールをご受講いただき、セーリングの年にできるといいですね。

(Y)

11/26-27 CON 東京校 開催しました

2023年1月、I.Q.C.インストラクター認定コース開催

この度『I.Q.C.インストラクター認定コース』を大阪田尻マリーナで実施します。

世界各国で通用する、ASAヨットインストラクター資格を取得するコースです。
ASAのIEである校長青木が担当する毎年1回のチャンスです。
2023年1月7日~1月9日の計3日間で、ヨットを教えるプロとしての技術を学びます。

ヨットインストラクターは、ビギナーをヨットの素晴らしい世界へご案内することが使命です。
ご一緒に学びませんか。チャレンジをお待ちしています。

<合格基準>
・ 海上教習実技テスト、教室教習実技テスト、シングルハンドテスト及びBKBI学科テストに所定の基準で合格する事が必要です。受講すれば合格するものではありません。
・IQC合格後に青木ヨットスクールでインストラクター業務を行うためには、所定のアパレンティス制度を履修して合格する事が必要です。

◆詳細とお申し込みはこちらからどうぞ!
Https://www.aokiyacht.com/school/iqc/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先着順5名となりますので、お申し込みはお早めに!
皆様のご参加、お待ちしています。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。
◆お問い合わせメール info@aoki.us
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ASA青木ヨットスクール
電話:072-465-8192
FAX:072-465-8194

11/23,30 VIP-MWX  東京校で開催しました。

天気予報は スマフォ任せでよいのか・・・?

マリンウェザー(MWX)は、「ヨットの技術の4要素」のひとつです。ちなみに他3つは、セイリング、ナビゲーション、メンテナンスと言われています。Sさんは自艇を操船しながら、風と波の変化に翻弄されていました。でも、その正体を知ることができれば、セイリングの安全性が格段に向上すると考えたのです。MWXを修了すると、太平洋を横断する知識が身につきますよ!(笑) (あ)

11/28 田尻プラクティス

前回、講習を担当した生徒さんのプラクティスを行いました。 晴れ、波なし、北よりの風3~4mで快適なコンディションでした。

タックやジャイブ、をヒーブツーを繰り返し復習しました。 SBD、BKBと続けて受講されたため、操船がスムーズで安全面の理解も充分でした。

これからもあらゆる機会を使って、ヨットに乗られる回数を少しでも増やしていただくことが、より一層上達する早道だと思います。

冬期短縮営業のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り、感謝申し上げます。

下記期間は、営業時間を17:30までに短縮させて頂きます。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

◆冬期短縮営業期間

2022年12月1日(木)~2023年1月30日(月)

 

11/26,27 BKB  東京校で開催しました。

天気、好すぎたなぁ(笑)

近い将来に自艇を持ちたいという、同じ目標を持つ3名がBKB(Basic Keel Boat)に挑戦しました。オーナーであり、スキッパーでもあるためには、帆走の技術だけではなく航海法規の知識も必要です。それが、seamanship なのです。根性論ではないのですよ。(笑) 安全に楽しいヨットライフを! (あ)

※ 撮影時にマスクを外しています。

11/25 YAMAHA-21 を納艇しました。

とあるマリーナに仲間入りしました!

Nさんの「TOKITSUKAZE」号が進水しました。シンプルな艤装で、一緒に散歩でもするような帆走をするY-21を選ばれたのは、Nさんのお人柄でしょうか。弊社の大阪工場での整備から立ち会われ、進水当日も自ら艤装作業をされました。これからは寒さを吹き飛ばして、たくさん可愛がってやってくださいね。でも、奥様にやきもち焼かれないように注意してくださ~い(笑) (あ)

.

11/24 ボートプラクティス  横須賀校で開催しました。

風弱し、モーターボートの練習日和り!

小型船舶操縦士免許を取得してからも、アオキ・ボートスクールで操船練習を受けることができます。みなさんが不安に思うのは、やはり離着岸ですね。離着岸練習は、やみくもに回数を重ねればよいというものではありません。そして、東京湾には数々の商船が行き来するし、無数の航路標識が存在します。
ポイントを押さえた指導を受ければ、あとは楽しいボート・ライフが待っていますよ。 (あ)

たじりマリーナWinterヨットレースのご案内(12/18開催)

今年もいよいよ最終レースの季節がやってまいりました。
12/18(日)に「田尻WInterヨットレース」を開催致します。
昨年に引き続き、コロナの影響により飲食を伴う忘年会は開催することができませんが、今年最後のヨットレースを存分に楽しんでいただければと思います。
*軽食はお配りいたします。
豪華景品を用意した表彰式を行いますのでお楽しみに!!
ご家族、ご友人の方々をお誘いあわせの上、是非お越しください。
冬の強風と闘う中で、一年の成果を確かめましょう。一同ご参加をお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆開催日時 2022年12月18日(日)
0930:受付け開始
1000:艇長会議
1030:レーススタート
1430:タイムリミット
1500:表彰式
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆集合場所
大阪田尻マリーナ(マリーナ駐車場は朝市開催で込み合いますので、隣接する外部の無料駐車場をご利用下さいませ)
◆参加費用(消費税込み)
出艇料:1000円(1隻)/レース参加費:1500円(1名)ランチボックス付き
◆お支払方法
店頭現金払いもしくは銀行振込で
PayPay銀行・すずめ支店(支店コード002)・普通口座4248932・アオキヨット(カ
◆お申し込みは、店頭または下記のメールフォームでお申し込み下さい。
http://www.aokiyacht.com/tajiri-race/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注意事項
・お申し込み及び参加費用のお支払いは、12/11(日)迄にお願いいたします。
・準備の都合上、レイトエントリー(12/12以降のお申込み)の場合、各費用+500円が必要となります。
・ご入金を確認させて頂いた時点で、受付とさせて頂きます。
・ご入金確認が出来ない場合は、キャンセル扱いとなります。
・お振込み手数料はご負担下さい。
・お客様のご都合によるキャンセルの場合、前日までのご連絡で、出艇料及びレース参加費は返金いたします。返金に際しての振込手数料は、お客様負担となります。
・イベントは田尻マリーナ係留艇、およびヨットスクール受講生を対象としています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪セーリングクラブ開催 11/20

 

当日の天気予報は雨予報の大阪でしたが、実際は曇りで風は15ノットくらいのセーリング日和でした。
この日のお題は「リーフィング」です。
一見簡単なこのお題ですが、それだけでは面白くないので「セイルチェンジ」もしてもらいました。
始めは、ヨットを着岸した状態で練習なのですが、ここでもちょっと考えないといけません。
リーフィングはとりあえず80点くらいの出来なので、修正箇所である手順を修正してもらいました。
今度はセイルチェンジなのですが、なんと初めての経験の方がほとんど。
これがなかなか曲者で(?)、ゆっくりやってもらいました。
次は沖での実習なのですが、長時間練習してもらうために時間調整しました。
沖に出ると波頭が飛ばされるか飛ばされないくらいのおあつらえの風と風向き(北東の風、15ノットくらい)。
出航時点で、ジェノア&ツウポン状態なので、まず始めはセイルチェンジ。ちょっと時間がかかりましたが成功。
次は、メインセールを大きくしていきます。これもヨットハーバーでやったみたいに簡単にできません。
でもこれも練習ですね。回数を積み重ねてもらうとだんだんと手際が良くなっていきました。
セーリングだけでも結構楽しめる条件の中で、しっかりと甲板作業をこなしてもらいました。
しかし、1人だけ途中でギブアップして寝ていたことは内緒です。
四名の皆様、お疲れさまでした。

11/20 セーリングクラブ  ヴェラシスカップに参戦しました・・・

恒例のヴェラシスカップに、セーリングクラブの3名で挑戦しました!

当日は他所のマリーナからの参加も合わせて、24艇がスタート海面に集結しました。かなり吹いていて、チョッピーな浪が立っています。これは厳しい闘いになるぞ・・・
結果、安全を優先してリタイアしました。(4艇がリタイア) 残念ですが、次の目標ができました。「このくらいの海象で乗りこなせる操船スキルを身に付ける!」いいね! (あ)

※ 撮影時にマスクを外しています。

青木ヨット、年末年始休業12/27~1/4のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
青木ヨット株式会社では誠に勝手ながら、年末年始休業日を下記のとおりとさせていただきます。

休業期間:2022年12月27日 (火) ~ 2023年1月4日 (水)

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

※ホームページからのお問い合わせにつきましても、2023年1月5日 (木) 以降回答をさせていただきます。

11/12-11/13 大阪でBKBを開催しました

4名でのスクール開催、SBDコースを受講された時期はまちまち、先週受講したばかりの方、先月受講の方、はたまた10年以上前に受講された方と、一緒に申し込まれた方は上級コースを受講済みですが、10年以上のブランクがあるからと再受講でとバラエティーに富んだ参加者が集まりました。

教室での座学の後、艇に移動して出港準備、BKBはセーリングが中心のコースですが、インストラクターはスクール開始前にブームカバーをかけてきちんと片付けられていたメインセールをわざわざ外し・・・、バテンやリーフロープまで全部外して、受講生の皆さんにはセールのセッティングを文字通り一から全部経験していただきます。セールの上げ下ろしはもちろん、メインセールのリーフやリーフの解除、ジブチェンジまで一通りのやり方を学んでいただきました。

結構やること多くて大変と感じられたのではないでしょうか、でも沖に出てセールを上げ、エンジンを切って帆走を始めるとセーリングの楽しい時間が待っていました。ポジション交代しながらタッキング、ジャイビング、ヘディングアップ、ヘディングダウン、艇の向きの変化にあわせてセールをトリムする。

8の字救助法の練習では1日目は超微風のコンディションで練習、2日目は軽風下で8の字の航跡を描くものの落水者に見立てたダンブイの風上になかなか艇を止められない・・・、一度ダンブイが行方不明?になるトラブル発生、ちょうど船首がダンブイとロープでつないだ救命浮環の間に入り船体の下に入ってキールに引っ掛かったようです。どうやってトラブルを解消するのか、トラブルは実は良い教材だったりもします。無事ダンブイを回収して帰港したのでした。