青木ヨットスクール・同窓生交流ブログ

yacht

  • yacht さんが新しい投稿「11/3青木ヨットスクール、屋久島航海へ出航」を公開しました。 3か月 3週前

    青空がまぶしい秋空の中、青木ヨットスクールの受講生6名が、EAGLE2で屋久島へ向けて出航しました。淡路島から鳴門海峡を越えて、四国高松までの第1レグが開始されました。

  • yacht さんが新しい投稿「11/3 プラクティス 田尻マリーナで開催」を公開しました。 3か月 3週前

    2017年11月3日の祭日、大阪の田尻マリーナでプラクティスコースが開催されました。

    受講者は1名様です。

    青木ヨットスクールの卒業生対象のプラクティスコースは、座学はなくすべて艇上でのクラス。個々の希望に合わせ、インストラクターと内容を決めて行います。

    学んだ技術をもう一度学習したい、学んだレベルを保持したいなど、ご自分の学びたいことに焦点をしぼってじっくり練習できるのです。

     

    この日の受講者[…]

  • yacht さんが投稿「10/22 SBD後期コース 東京夢の島マリーナで開催」にコメントしました。 4か月前

    事務局です。荒天の中、お疲れさまでした。
    海上でお天気が急変して、大急ぎでマリーナに帰港してもなかなか着岸できずで、海上より大変だった話をいくつか聞きましたので、たくさん練習できてよかったです。
    でも、としさん的には・・・。
    次回は、好天でお待ちしております。

  • yacht さんが投稿「10/21 SBD前期コース 東京夢の島マリーナで開催」にコメントしました。 4か月前

    事務局です。教官から、荒天な中とても頑張っていらしたと聞いております。本日もよろしくお願いいたします。

  •  

    2017年、第3回田尻ヨットレース&バーベキューを、10月22日(日)に開催致します。
    セールのパワーはエンジンの5倍!セーリングを上達させるには、絶好のチャンスです。
    同じ海面で走り較べると、違いが分かって上達がずーと早くなりますよ。

    クルーの同乗(ボランティア)が必要な方は、お手配致しますのでお知らせください。
    関空内水面の静穏海域で行いますので、ご家族、ご友人の方々をお誘いあわせの上、是非お[…]

  • yacht さんが新しい投稿「田尻マリーナ、台風18号は通過した模様」を公開しました。 5か月 1週前

    2300時になると、急に風向は南から西へと時計回りに変わった。これは田尻の北方を台風が通過したからだ。

    吹き返しの西風は一時的に強まったが、一時間ほどでおさまってきた。舷側同士が接近する艇に、増しフェンダーを取り付ける。
    大したことはなく、やれやれだ。

     

  • yacht さんが新しい投稿「田尻マリーナ、暴風圏に突入」を公開しました。 5か月 1週前

    田尻マリーナは暴風圏に入ったようだ。20m以上の強風が襲ってくる。しかし風向は南からなので、港内は静穏だ。ヨットはマストに受ける風圧で、時折大きくヒールしているが、今のところ異常はない。。
    マリーナの巡回は、カッパとライフジャケットを着用して、二人一組で行う。ブローが来ると、飛ばされそうになる。ちょうど今は22時、台風が最接近する時刻だ。

  • yacht さんが投稿「セーリングクラブの出欠について」にコメントしました。 6か月前

    まず左上から、ユーザー名とパスワードでログインしてください。
    その後に、左下のグループのなかから、セーリングクラブをクリックしてください。
    セーリングクラブのページが開きますので、投稿してください。
    このページは、メンバーだけが、見ることが出来ます。
    お手数ですが、よろしくお願いいたします。

  • yacht さんが新しい投稿「台風5号の進路が気がかり」を公開しました。 6か月 3週前

    田尻マリーナでは、台風5号の進路を監視中です。

    台風接近時の対応については、こちらをクリックしてください。

  • yacht さんが新しい投稿「屋久島航海コース2017のご案内」を公開しました。 7か月前

    2017年11月、人生の物語りづくり、屋久島へ実習航海・・・。

    嵐、夜間、長距離、このような状況下には、未知の危険が潜んでいます。危険性を無視するのではなく、直[…]

  • 田尻ヨットクラブが主催する恒例の体験クルージングが、7月17(祝)日に田尻マリーナで開催されます。
    田尻町子供会と国際センターの留学生をご招待して、関空前海面でセーリングを楽しんでもらおうと、毎年開催しています。
    多数の子供達が、田尻マリーナ所属艇に分乗します。シングルハンドでは操船と安全確保に手が足りません。
    ヨットスクール受講生の皆さん、田尻マリーナには、シングルハンド艇が多いので、ぜひクルーとしてご協力いただけない[…]

  • 田尻マリーナへ係留されている近藤秀雄さんの投稿記事が、舵誌7月号に掲載されていることがわかりました。

    秀逸なイラストも載っています。皆さん、見てください。

     

  • yacht さんが新しい投稿「青木校長の連載記事が「舵」誌8月号から開始」を公開しました。 7か月 3週前

    このたび、7月5日発売の月刊「舵」誌上で、校長青木洋の連載が始まることになりました。

    「長距離航海の技術」というテーマで、長期にわたって掲載される予定です。校長が持っている技術を公開することで、ヨットライフの充実に、少しでもお役に立てばと考えています。

    第一回は、「外洋艇の性格と見分け方-リグについて」から始まります。皆さん、ぜひ月刊「舵」誌を買って下さい。

     

  • yacht さんが新しい投稿「田尻マリーナ、釣り堀筏の移動に伴うご注意」を公開しました。 8か月 2週前

    田尻マリーナご利用の皆様へ

    6月15日、赤潮の発生に伴い、田尻マリーナ橋脚下に設置している「釣堀いかだ」が、一部波消しブロック(テトラポット)側に移動しております。

    出入港艇は、いつもと違う位置にある「釣堀いかだ」に注意してください。

    特に日没後は、照明のない位置に「釣堀いかだ」があります。

    赤潮が引きましたら、「釣堀いかだ」は元の位置に戻ります。

    赤潮が引くのに数日掛かる場合がありますので、その[…]

No Comments to yacht

  1. 木村 より:

    これまで我流でやってきましたが、大変勉強になりました。

  2. 木村 より:

    強風化の中大変勉強になりました。

  3. sakotoshiyuki より:

    鬼のように風がありませんでしたが、勉強になりました
    スピンネーカーは凧のようで面白いですね
    もう少し簡単に取り扱える仕組みがあればと…
    (そして、上れないなど)

    • anzai より:

      鬼のように・・・(笑)
      風神さんもクリスマスだったのでしょうか?

      そして、sakoさん同様の疑問を持った人たちが、便利アイテムを実用化しています。
      教習艇には付いていませんが・・・  (あ)

  4. anzai より:

    インストラクターになってからも修行なのですね・・・ (あ)

  5. anzai より:

    教習艇以外は見当たりません・・・ 凄いですね~! (あ)

  6. 新傳様の新艇、Thanks to All にクルーとして乗船させていただきました。
    2艇に思いっきり蹴り入れたので、翌朝、起き抜けに腰に異常、起き上がるのに一苦労、やっちゃいました。新艇は無傷でよかったです。

  7. kawabata より:

    Thanks To All、すてきな艇名ですね。

  8. 2017年11月24、25日とシンガポールから来られ、北九州にて星嘉坡向け石油採掘リグを設計製造されています。 SBDコースを受講頂きました。 英語(時々中国語と日本語を交え)てのやり取りでしたが、たいへん熱心に受講頂きました。 時には冗談を交えて楽しい授業をさせていただきました。 24日は午後強風の中でしたが、モーターでの離岸接岸、パラレルアンドッキング、スキッパーとクルーの役割を交代で、大声でのイェッサーの掛け声のもと行わさせていただきました。 25日は晴天、落水救助は一発合格(2週間前に安西先生の下で小型船舶1級を取得済み)、午前中は3ノット程度、午後は無風状態でのセーリングも楽しんで頂きました。 次のBKBも楽しみにされています。 是非ともまたご一緒させて頂きたく、私としては緊張の2日間を過ごしました。
    ありがとうございました。

  9. 飯島 より:

    最高の天気に恵まれ、セーリングも楽しむこともできてラッキーでした。また山本先生には懇切丁寧なご指導を頂き今後の役にたつ体験をさせて頂き感謝しております。次はぜひBCCにチャレンジしたいと思います。

    • 山本 より:

      飯島様

      先日は2日間のBKBコース、お疲れさまでした。
      BCCコースへのチャレンジ、思いっきり楽しんでくださいね。
      またお目にかかれることを楽しみにしております!!

      山本

  10. anzai より:

    気持ちよさそうですね~ (あ)

  11. anzai より:

    VIP-BBCコースで帰港する時、入れ替わりでセイルアップしている艇がいましたが・・・ SPARROWでしたかっ! (あ)

  12. anzai より:

    おっ、一人前進離岸法ですね! (あ)

  13. anzai より:

    みなさん、お疲れ様でした!!

    ところで、トイレはどうなったんでしょうか?(笑) (あ)

    • yohaoki より:

      キャビンテーブルに続いて、トイレも台座からほぼ外れてしまいました。道下インストラクターが、配管をつなぎなおしてくれたので、何とか使えるようになりました。

  14. とし より:

    川端先生、あの海況の中の操船大変勉強になりました
    実は初めて酔いかけてシーマンシップ発揮できませんでした
    そして皆さんお疲れ様でした
    23ftのヨットなのにその安定性に感心しました

    • kawabata より:

      ストームジブと2ポイントリーフしたメインセールでの強風下での操船、23ft艇に6人乗艇でヒールバランスを常に意識しないといけない、ブローが来たときや波を乗りこえる時のティラーさばきを感じ取ってもらうためにティラー操作をアシストさせていただきました。帰りはOP級ディンギー全日本選手権のレースを終えてハーバーに戻る140艇ものディンギーに追いつかないよう、風を逃がしながらのスピードコントロール、初めての強風体験だった方もいらっしゃったと思いますが、いろんなコンディションの経験の一つ一つが皆さんのシーマンシップを高めるのです。

      • とし より:

        ヒールバランスとスピードコントロール、そしてティラー操作を意識させて頂きました。
        考え克つ体で覚えることが大事ですね。

  15. 26日のセーリングクラブ、家に帰ってから海上保安庁の海ほたるの風を見ると朝からほぼ1日中18mを超えていた。ガンネルが水没。その写真を撮る余裕無。
    OPディンギーがかなり出ていたが我々が通過する頃はレスキュー艇が縦横に走り回って少年たちをピックアップ中。川端先生ありがとうございました。

  16. anzai より:

    MWX・・・ これは難関ですよ~ でも、航海の四本柱の一つです。 (あ)

  17. anzai より:

    おおっ、けっこう吹いていますね~ (あ)

  18. とし より:

    帆走での小回りに驚きました!

    • anzai より:

      としさん、スクールとはいえ楽しいセイリングでしたね!
      教習艇のような艤装(一般にイメージするヨット)をSloop型といいます。メインセイルとジブが助け合って帆走します。艤装によって長距離が得意だったり、レースが得意だったりします。自分好みの艤装を見付けるのも面白いですよ。 (あ)

  19. anzai より:

    スゲー!!

    写真と文章が追加されましたね。改めて、凄いスクールだぜ! (あ)

  20. 初めて投稿させて頂きます。2017年11月24、25日とシンガポールから来られ、北九州にて星嘉坡向け石油採掘リグを設計製造されている Wang さんに SBDコースを受講頂きました。 英語(時々中国語と日本語を交え)てのやり取りでしたが、たいへん熱心に受講頂きました。 時には冗談を交えて楽しい授業をさせていただきました。 24日は午後強風の中でしたが、モーターでの離岸接岸、パラレルアンドッキング、スキッパーとクルーの役割を交代で、大声でのイェッサーの掛け声のもと行わさせていただきました。 25日は晴天、落水救助は一発合格(2週間前に安西先生の下で小型船舶1級を取得済み)、午前中は3ノット程度、午後は無風状態でのセーリングも楽しんで頂きました。 次のBKBも楽しみにされています。 是非ともまたご一緒させて頂きたく、私としては緊張の2日間を過ごしました。
    ありがとうございました。

  21. anzai より:

    ACCの時と似たような海象なのに、ストームのみと3Pメインのみ!
    興味深いですね~ (あ)

    • 道下 より:

      はい、OPMの名に恥じない手強い風と海でした。黒潮にも押されて、ほとんど3ptメインのみで190マイルを33時間で走り切りました。土佐清水のペタ焼きは、空の胃袋に優しかったです。(みち)

    • Michishita Isao より:

      はい、ブロードリーチとクローズリーチの違いかと。OPMの名に恥じない手強い風と海でした。黒潮にも押されて、ほとんど3ptメインのみで190マイルを33時間で走り切りました。土佐清水港のおばちゃんが焼いてくれたペラ焼きは、空の胃袋に優しかったです。ビールも乾いた体に染み渡りました、(みち)

  22. anzai より:

    青木校長、道下先生、受講生のみなさん、
    いよいよOPMの始まりですね! 楽しんでください!

    ACCの最終レグ、夜明けの大隅海峡を屋久島に向けて快走(?)する EAGLE-2 の雄姿を送ります。
      https://www.facebook.com/100004470522039/videos/916023038556705/
    当Blogに上手く投稿できなかったので・・・(笑) (あ)

  23. Michishita Isao より:

    安齋先生、前線通過中の日向灘の航海を無事に終えられ屋久島着岸、本当にお疲れ様でした。青木校長も既に屋久島入りの様子、いよいよ最終レグのOPMですね。

    • anzai より:

      道下先生、大阪までよろしくお願いします。
      足摺岬あたりから黒潮に乗って、太平洋の真ん中に?(笑)
      やはり、34feetのパフォーマンスは有難いです。(あ)

  24. Miyoshi より:

    川端先生 素晴らしい航海ありがとうございました。夜や、狭い海峡のセーリングなど緊張の連続でしたが、とても楽しい経験でした。またご一緒できるのを楽しみにしています。

  25. yohaoki より:

    ダンブイには新しくLEDストロボライトをつけましたが、いかがでしたか。

  26. Michishita Isao より:

    川端先生、第2レグBBC無事大分に到着、お疲れさまでした。
    今回は夜間航海が多く、4名の受講生の皆さんも、また一段上のシーマンシップを習得されたようですね。
    次はいよいよ屋久島ですね、安齋先生!

    • anzai より:

      はい、ACCは無事に修了しました。
      早めにBlogをアップしますね・・・(汗)(あ)

  27. Michishita Isao より:

    屋久島第1レグBCCコース、無事高松入港お疲れさまでした。
    6名の受講生の皆さん、大潮の鳴門海峡通過はいかがでしたか。
    写真のipadの16.5ktってホントですか?すごい速さですね。
    川端先生、お疲れさまでした。

  28. yamamototatsuya より:

    初めて投稿します。横浜の山本です。
    Spirit of Yukohoは、さすが早くてかっこいい船です。手を振って頂きました。落水者救助はしんどかったです。やや強めの風での横づけは難しいと思いました。ありがとうございました。

  29. とし より:

    本日は又雨ですが、取り込みされましたでしょうか?

    • anzai より:

      もちろん、取り込みましたよ。(24日のうちに)
      本日(25日)は、横須賀校(ヴェラシス)の状況確認に行きました。 (あ)

  30. yacht より:

    事務局です。荒天の中、お疲れさまでした。
    海上でお天気が急変して、大急ぎでマリーナに帰港してもなかなか着岸できずで、海上より大変だった話をいくつか聞きましたので、たくさん練習できてよかったです。
    でも、としさん的には・・・。
    次回は、好天でお待ちしております。

  31. yohaoki より:

    現在風向は北西に変化、風速は約15m、異常はなさそうです。

  32. anzai より:

    港内、貸し切り状態ですね!(笑)
    いやいや、お疲れ様でした。 (あ)

    • とし より:

      まさに仰るとおりで思う存分練習できました!w
      それにしても…練習の必要を痛感いたしました。

  33. anzai より:

    お疲れ様です。
    くれぐれも、お気を付けて! (あ)

  34. とし より:

    本日は条件悪い中ありがとうございました!
    大変勉強になりました!

    • yacht より:

      事務局です。教官から、荒天な中とても頑張っていらしたと聞いております。本日もよろしくお願いいたします。

  35. anzai より:

    雨なのに笑顔なのが良いですね! (あ)

  36. yohaoki より:

    すごい経験でしたね!

  37. anzai より:

    BCCスクールの後、教習艇に忘れ物がありました。
     1.雨着の袋 2.双眼鏡のキャップ(?)
    覚えのある方は、事務局に一報ください。 (あ)

  38. 松下信哉 より:

    訂正 ほとんどクロースホールド

  39. 松下信哉 より:

    台風接近の中、ストームジブ、2ポイントリーフ視界も悪く、どこにいるのかの確認も難しい中貴重な経験でした。
    三崎からの帰りはほとんどクロースリーチなので余計位置の確認が難しかった。

  40. […] 各艇の対策内容の詳細は、こちらをクリックしてください。 […]

  41. anzai より:

    セーリングクラブ・メンバー 各位
     ぜひ、メンバーBlogに投稿してください。コアな話しができますよ~ (あ)

  42. iside より:

    浦安マリーナへ海から入ったのは初めてでした、とても参考になりました。川端先生ありがとうございました。メンバーの皆さんありがとうございました。おかげさまで、時間いっぱい良い練習ができました。またよろしくお願いします。

  43. 川端先生ありがとうございました。大変有意義な練習でした。
    ジャイビングが難しいと感じました。またよろしくお願いします。
    石出さん、高澤さん、森さんまたよろしくお願いします。

    • anzai より:

      松下さん、ジャイビングはね・・・
       超ゆっくりやるんですよ。でも、そのためには、そのための操船をしなくてはなりません。どんなシーンでも(タッキング、スピンラン、リーフ、等々)、そのための操船ができれば舟は応えてくれます。舟との会話は楽しいですよ~ (あ)

      • 安齋先生ありがとうございます。
        7月に安齋先生のBKB受講しました。
        川端先生のジャイビングの模範操船もイメージはゆっくりと言う感じでした。
        練習します。

  44. yacht より:

    まず左上から、ユーザー名とパスワードでログインしてください。
    その後に、左下のグループのなかから、セーリングクラブをクリックしてください。
    セーリングクラブのページが開きますので、投稿してください。
    このページは、メンバーだけが、見ることが出来ます。
    お手数ですが、よろしくお願いいたします。

  45. anzai より:

    ありがとうございます! (あ)

  46. […] 各艇の対策内容の詳細はこちらをクリックしてください。 […]

  47. yohaoki より:

    メールテスト

  48. 皆川 より:

    安斎さんありがとうございました。

    • anzai より:

      皆川さん、お疲れ様でした。
      3日間とも趣きの異なるセイリングでしたね。
      これからも、楽しんでくだい。 @安齋

  49. 上田 悦三 より:

     ご無沙汰しています。 
     
      南紀白浜 「生駒」Y-26 上田悦三 です。

     今回良い機会と考えていますが、白浜で少し葡萄を作っていまして
    その収穫時期の状況確認で参加の申し込みが遅れています。
     10日までには結論を出しますのでよろしく願います。取り急ぎ連絡します。