イベント

now browsing by category

 

4/21田尻ヨットレース

2019年度第一回田尻マリーナヨットレースが開催されました。

ご参加していただき有難うございます、今回は13艇のご参加でした。

 

穏やかな気候ですが、風が弱く難しいコンディションに。

 

レース開始前にコースの説明があり、続々とスタートしていきます。

終始風が弱く、コースが短縮されますが全艇タイムアップとなってしまいました。

 

レース後は参加者のみなさんでBBQ!

その後、賞品予定だった物を賭けてのじゃんけん大会。

賞品ゲット出来た方、おめでとうございます!

 

ヨット関連のフリーマーケットも青木ヨット前で開催されていました。

結構掘り出し物もあったのではと思います。

 

またのご参加をお待ちしております。

 

創価大学の皆さんが、ヨット講習を受講

インストラクターに安全面や基礎知識についての講義を聞いた後で、実際にヨットに乗り、大阪湾へセーリングに行きました。

普段ヨットに乗る機会は中々無いと思うので、良い体験になったのではと思います♪

 

三河の海へ! ・Hokule’a 号 進水式・

卒業生Hさんの「Hokule’a号」が、愛知県三河湾に進水しました!

3月の大安吉日、アオキヨット愛知校のあるラグナマリーナで、ヨット仲間やマリーナスタッフの祝福を受けて進水です。さあ、セイリングシーズンに向けて、Hokule’aとの二人三脚が始まりました。そしていつの日か、その名の如く「喜びの星」を求めて旅立つ・・・のかも知れませんね。 (あ)

3/16 田尻マリーナで、自作ヨット進水式

和歌山県のきのくに子どもの村学園で、生徒達が自作していたZen11ディンギーが完成しました。

今日はその進水式と、乗り方のトレーニングです。ロープワークを練習した後、インストラクターの指導に従って交代で乗り組み、セーリングを満喫しました。冷たい強風が吹いていましたが、チンは一度もしませんでした。

 

田尻ヨットレース&バーベキューのご案内

お待たせいたしました、2019年初のイベントです!
第1回田尻ヨットレース&バーベキューを開催いたします。
田尻ヨットレースは静穏海域を一緒に走れるので、セーリングの練習にピッタリです。
田尻マリーナオーナー様はもちろん、ヨットスクール卒業生の方もご参加いただけます。
ご家族、ご友人の方々もお誘いあわせの上、是非お越しください。
心からお待ちしております。

レース後のバーベキューは、田尻漁港内のバーベキューコーナーでの開催を予定しております。

同時開催:中古品フリーマーケット
開催時間:PM3:00~PM5:00(終了予定)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆開催日時 2019年4月21日(日)
0900:受付け開始
0930:艇長会議
1000:レーススタート
1300:タイムリミット
1330:バーベキューパーティー開始
艇ごとの自己紹介
順位発表と表彰式
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆集合場所
大阪田尻マリーナ(マリーナ駐車場は朝市開催で込み合いますので、隣接する外部の無料駐車場をご利用下さいませ)
◆参加費用
出艇料:1000円(1隻)/レース参加費:1000円(1名)/BBQ代:3000円(1名)
◆お支払方法
店頭現金払いもしくは銀行振込で三菱UFJ銀行・泉佐野支店・普通口座4654340・青木ヨット(カ
◆お申し込みは、店頭または下記のメールフォームでお申し込み下さい。
http://www.aokiyacht.com/tajiri-race/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注意事項
・お申し込み及び参加費用のお支払いは、4/14(日)迄にお願いいたします。
・準備の都合上、レイトエントリー(4/15以降のお申込み)の場合、各費用+500円が必要となります。
・ご入金を確認させて頂いた時点で、受付とさせて頂きます。
・ご入金確認が出来ない場合は、キャンセル扱いとなります。
・お振込み手数料はご負担下さい。
・お客様のご都合によるキャンセルの場合、前日までのご連絡で、出艇料及びレース参加費は返金いたします。返金に際しての振込手数料は、お客様負担となります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

舵誌3月号特集記事、読んでみてくださいね

◆2018年11月、青木ヨットスクールのインストラクター15名が実施した「落水者救助法研修会」が、舵社「Kazi」3月号の特集記事「再考、安全対策~アナタの備えは大丈夫?」として、8ページにわたり特集されています。
いざというときに備えて、ぜひご一読下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆青木校長の舵誌連載記事「長距離航海の技術」は、第20回を数えます。
3月号の記事は、「離着岸とアンカリングの方法②」です。ベテランの方もビギナーの方も、技術の再確認が出来る内容です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆青木ヨットホームページは、一部の接続障害がありましたが、このほど復旧しました。今後とも、ホームページはリニューアルを計画していますので、ご期待ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆長距離航海コースの詳細とお申し込みは、下記リンクをご覧下さい。

種子島長距離航海コースでレベルアップ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「同窓生フォーラム」&「懇親会」の詳細とお申し込みは、下記リンクをご覧ください。

青木ヨットスクール同窓生フォーラム、横浜で開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

青木ヨットスクール同窓生フォーラム、横浜で開催

ご好評をいただいた昨年に引き続き、本年も「青木ヨットスクール同窓生フォーラム」を開催します。

青木ヨットスクール受講生の皆様、ぜひご参加のほど、お待ちしています。

◆日時:2019年3月9日 13時~17時

◆会場:パシフィコ横浜展示ホール2F会議室 E202室

◆プログラム:

  1. 開会のご挨拶と質疑応答(校長 青木洋、ASAインストラクター 安齋久雄)
  2. 青木ヨットスクールの受講感想裏表(株式会社アード・ソシヨ  卒業生代表 安田晋)
  3. ヨットの保険事故から考える(アクア船舶鑑定株式会社 船舶保険鑑定人 新田肇)
  4. インストラクター落水者救助研修会から、対策を考える(ASAインストラクター 松山淳)
  5. 受講生が成功した落水者救助の実例報告(青木セーリングクラブメンバー 浦野寛之)
  6. 米国・カナダ留学から、ASAとISPAを比較する(創価大学教授 ASAインストラクター 久保田秀明)
  7. 長距離航海コースの魅力とハプニングレポート(ASAインストラクター 道下勲)

◆参加費:2500円税込(当日支払い、インターコンチネンタルホテルから飲み物ケータリング付き)

終了後に懇親会をします。 併せてご参加お待ちします。
◆会場:肉バルD.U.M.B.O/クイーンズスクエア横浜 5階
◆日時:同日 17時30分開始
◆参加費:4000円税込 飲み放題付き(当日支払い)

◆お申込み:以下のフォームでご送信下さい。ご友人のご同伴も歓迎します。
◆先着30名限定
満席となりました。

—————————————————————————–

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

参加 (必須)
フォーラム懇親会両方とも参加

ご質問、ご要望

 

12/9 田尻ヨットレース&忘年パーティ

12/9田尻ヨットレース&忘年パーティが開催されました。多数のご参加をいただきありがとうございました。

寒くなってきました。朝から北西の強い風が吹いていますが予報では徐々におさまる傾向。スタート時はストームジブを使うコンデションだったようですが、セール選択が一つのキーポイントだったかも知れませんね。

1位は帰港して係留後の最後の走りの勝負、シングルハンド参加でファーストホームした艇のスキッパーと、4名乗艇で最後のランナーに若手を起用した艇との僅差の勝負!、有朋丸が優勝しました、おめでとうございます。2位は僅か5秒差でAERASⅡ、3位はスクール2号艇でした。出艇した10艇全艇がフィニッシュしました、参加していていただいた皆様お疲れ様でした。

レース後は毎年恒例の忘年会、社長あいさつに続き乾杯、レース成績発表・表彰に続きマイクリレーで参加していただいた皆様から一言ずつお話ししていただきました。最後に盛り上がったのは恒例のじゃんけん大会!、田尻漁協からいただいた数の子5箱をはじめ商品をゲットした方おめでとうございます。

また来年も田尻ヨットレースにご参加いただきますようお願い致します。

 

平野游さんの個展が神戸ポートピアホテルで

平野さんは青木洋のインナーセーリングや、現在連載中の舵誌の記事で、イラストを描いて頂いているイラストレーターだ。

何気ない街角の1シーンを切り取って題材としているが、その1コマごとにストーリーがあるのを教えてもらい感心する。

懐かしいような、ほんのりと暖かな気分を味わうことができた個展だった。

 

11/3-4 インストラクター会議「第3回 落水者救助法研修会」

11/3-4 大阪・田尻マリーナでインストラクター会議が開催されました。

舵誌に掲載されている校長の連載記事にも紹介されている、第3回目の「落水者救助法研修会」が開催されました。全国から15名のインストラクターが参加し、1日目は日赤救急法指導員を招いて救急救命法の講習、2日目の海上実習では基本の8の字救助法のデモンストレーションからセーフティラインをつけた状態で落水した場合にどのようになるか、最近の事故例で溺死した事例があることから、走っているヨットから落水し艇に引きずられる状況の検証等を実施しました。