Archives

now browsing by author

 

4/22、夢の島マリーナ で・・・

青木ヨットスクール東京校である夢の島マリーナを歩いていたら、Zen24が着岸するところでした。

ボートフックやロープで引っ張って停めるのではなく、操船によって桟橋に着けるのが ”着岸” です。お見事! (あ)

4/21、プラクティスコース 横須賀校で開催しました。

SBD、BKBで習ったことを、自分で考えて操船できるようになりたい! と、プラクティスコース(個別レッスン)を受講してくれました。
当日は晴れの気持ち良い天候でしたが、南南東の風が8-10m/sありました。白石康次郎クンも、子供たちを楽しませるために縮帆しています。

風が吹けば桶屋が・・・ 波が立ちます。そんな海での操船にはコツが要ります。絶叫マシーンのように走らせては、艇が疲れ果ててしまうのです。ティラーを介して艇と会話しながら、優しく走りましょう。 (あ)

4/14・15、BKB前後期 横須賀校で開催しました。

前線を伴なった低気圧の通過によって、関東地方は大荒れの週末でした・・・

無謀な行動はいけません。自分の準備(服装など)をして、ヨットの準備(艤装)もして、必要な情報(気象海象など)を集めて、そして出港します。危険を知ることは、安全を知ることなのです。
難しいことではありません。青木ヨットスクールに参加すれば、誰でも身に付けることができるのです。 (あ)

4/7・8、SBD前後期 横須賀校で開催しました。

自分ならどうするかを考えます。
艇の大きさや装備・・・ その日のクルー構成・・・ 天候・・・  答えは一つとは限りません。

でも、より安全な選択が、楽しいヨットライフを広げてくれるのです。Safe Boat & Docking で、安全を見つけてみましょう! (あ)

VIP-BKB 開催しました。

オーナー父子が、所有艇を使ってVIP-BKBコースを受講してくれました。
息子さんもスキッパーになったら、クルーのお父さんに指示を出します。スキッパーとクルーには、夫々役割があるのです。その役割を実践することで、安全な操船に繋がります。 (あ)

 

3/26、Zen-24 を横浜へ納艇しました。

オーナー様と安全祈願を執り行い、Zen-24を横浜のヨットハーバーに納艇しました。
関東海域のAH-24とZen-24がフロテーラ(http://www.asa-japan.net/school/19498/)に集まってくれたら、嬉しいですね~ (あ)

3/18、セーリングクラブ 横須賀校で開催しました。

春だから全員集合!
横須賀校の教習艇は、CONDOR号(YAMAHA-30)です。上手く帆走させるのには、チームワークが重要なのです。今日は、久里浜港の沖にある海鹿島を周航する目標を立てました。コース設定やタッキング&ジャイビングも、みんなで決めます。インストラクター(あ)は、アドバイスしますが、指示は出しません。NNE-4m/sのGentle-breezeは、東回りに振れていき、やがてSW-10m/sのFresh-breezeになりました。強風に対応するための縮帆も、ジブだけで帆走しながら作業します。こうして安全を身に着けると、ますます楽しくなってきますよぉ! (あ)

3/3・4、BKB前後期 横須賀校で開催しました。

初日の風はNE-2m/s、2日目はSW-12m/s! 足して割ったようにはならないものですね・・・

seamanshipと言うと、「船乗り魂」のように解釈されることがあります。しかし、その本質は「知識」と「技術」を兼ね備えたものです。気合と根性だけでは、荒天を乗り切ることはできないのです。

教室での笑顔と、海上での真顔・・・ BKB教習としては、よい気象海象だったのではないでしょうか?(笑) (あ)

2/25、SBD後期 横須賀校で開催しました。

前日とは打って変わって、冷たい北風が吹いています。
でも、艤装準備や操船作業をしていると、身体がポカポカしてきます。
身体を動かすと、脳も活性化するそうです。そう、学科試験も頑張りましょう! (あ)

2/18、体験セーリング を横須賀で開催しました。

経験のある無しなんて、関係ないない!
とにかく、ヨットに触って、風を浴びれば、楽しいのです! (あ)